アモス書

1章
1 テコアの牧者のひとりであったアモスのことば。これはユダの王ウジヤの時代、イスラエルの王、ヨアシュの子ヤロブアムの時代、地震の二年前に、イスラエルについて彼が見たものである。
2 彼は言った。
「主はシオンから叫び、エルサレムから声を出される。
羊飼いの牧場はかわき、カルメルの頂は枯れる。」
3 主はこう仰せられる。
「ダマスコの犯した三つのそむきの罪、四つのそむきの罪のために、わたしはその刑罰を取り消さない。
彼らが鉄の打穀機で
ギルアデを踏みにじったからだ。
4 わたしはハザエルの家に火を送ろう。
火はベン・ハダデの宮殿を焼き尽くす。
5 わたしは、ダマスコのかんぬきを折り、アベンの谷から、王座についている者を、ベテ・エデンから、笏を持っている者を
断ち滅ぼす。
アラムの民はキルへ捕らえ移される」と
主は仰せられる。

6 主はこう仰せられる。
「ガザの犯した三つのそむきの罪、四つのそむきの罪のために、わたしはその刑罰を取り消さない。
彼らがすべての者を捕囚の民として捕らえ移し、エドムに引き渡したからだ。
7 わたしはガザの城壁に火を送ろう。
火はその宮殿を焼き尽くす。
8 わたしはアシュドデから、王座についている者を、アシュケロンから、笏を持っている者を
断ち滅ぼす。
わたしはエクロンにわたしの手を向け、ペリシテ人の残った者を滅ぼす」と
神である主は仰せられる。

9 主はこう仰せられる。
「ツロの犯した三つのそむきの罪、四つのそむきの罪のために、わたしはその刑罰を取り消さない。
彼らがすべての者を捕囚の民として、エドムに引き渡し、兄弟の契りを覚えていなかったからだ。
10 わたしはツロの城壁に火を送ろう。
火はその宮殿を焼き尽くす。」

11 主はこう仰せられる。
「エドムの犯した三つのそむきの罪、四つのそむきの罪のために、わたしはその刑罰を取り消さない。
彼が剣で自分の兄弟を追い、肉親の情をそこない、怒り続けて
いつまでも激しい怒りを保っていたからだ。
12 わたしはテマンに火を送ろう。
火はボツラの宮殿を焼き尽くす。」

13 主はこう仰せられる。
「アモン人の犯した三つのそむきの罪、四つのそむきの罪のために、わたしはその刑罰を取り消さない。
彼らが、自分たちの領土を広げるために、ギルアデの妊婦たちを切り裂いたからだ。
14 わたしはラバの城壁に火を放とう。
火はその宮殿を焼き尽くす。
これは戦いの日のときの声と、つむじ風の日の暴風のうちに起こる。
15 彼らの王は、その首長たちとともに、捕囚として連れて行かれる」と主は仰せられる。

2章
1 主はこう仰せられる。
「モアブの犯した三つのそむきの罪、四つのそむきの罪のために、わたしはその刑罰を取り消さない。
彼がエドムの王の骨を焼いて灰にしたからだ。
2 わたしはモアブに火を送ろう。
火はケリヨテの宮殿を焼き尽くす。
モアブは、どよめきのうちに、角笛の音と、ときの声のうちに死ぬ。
3 わたしはさばきつかさを
そのうちから断ち滅ぼし、そのすべての首長たちを、彼とともに切り殺す」と主は仰せられる。

4 主はこう仰せられる。
「ユダの犯した三つのそむきの罪、四つのそむきの罪のために、わたしはその刑罰を取り消さない。
彼らが主のおしえを捨て、そのおきてを守らず、彼らの先祖たちが従ったまやかしものが
彼らを惑わしたからだ。
5 わたしはユダに火を送ろう。
火はエルサレムの宮殿を焼き尽くす。」

6 主はこう仰せられる。
「イスラエルの犯した三つのそむきの罪、四つのそむきの罪のために、わたしはその刑罰を取り消さない。
彼らが金と引き換えに正しい者を売り、一足のくつのために貧しい者を売ったからだ。
7 彼らは弱い者の頭を地のちりに踏みつけ、貧しい者の道を曲げ、父と子が同じ女のところに通って、わたしの聖なる名を汚している。
8 彼らは、すべての祭壇のそばで、質に取った着物の上に横たわり、罰金で取り立てたぶどう酒を
彼らの神の宮で飲んでいる。

9 エモリ人を彼らの前から滅ぼしたのは、このわたしだ。
彼らの背たけは杉の木のように高く、樫の木のように強かった。
しかし、わたしは
その上の実と下の根とを滅ぼした。
10 あなたがたをエジプトの地から連れ上り、荒野の中で四十年間あなたがたを導き、エモリ人の地を所有させたのは、このわたしだ。
11 わたしは、あなたがたの子たちから
預言者を起こし、あなたがたの若者から、ナジル人を起こした。
イスラエルの子らよ。
そうではなかったのか。――主の御告げ――
12 それなのに、あなたがたはナジル人に酒を飲ませ、預言者には、命じて、預言するなと言った。
13 見よ。束を満載した車が押さえつけるように、わたしはあなたがたを押さえつける。
14 足の速い者も逃げ場を失い、強い者も力をふるうことができず、勇士もいのちを救うことができない。
15 弓を取る者も立っていることができず、足の速い者ものがれることができず、馬に乗る者もいのちを救うことができない。
16 勇士の中の強い者も、その日には裸で逃げる。
――主の御告げ――」

3章
1 イスラエルの子らよ。主があなたがた、すなわちわたしがエジプトの地から連れ上ったすべての氏族について言った、このことばを聞け。
2 わたしは地上のすべての部族の中から、あなたがただけを選び出した。
それゆえ、わたしはあなたがたのすべての咎を
あなたがたに報いる。
3 ふたりの者は、仲がよくないのに、いっしょに歩くだろうか。
4 獅子は、獲物がないのに、森の中でほえるだろうか。
若い獅子は、何も捕らえないのに、そのほら穴から叫ぶだろうか。
5 鳥は、わながかけられないのに、地の鳥網にかかるだろうか。
鳥網は、何も捕らえないのに、地からはね上がるだろうか。
6 町で角笛が鳴ったら、民は驚かないだろうか。
町にわざわいが起これば、それは主が下されるのではないだろうか。
7 まことに、神である主は、そのはかりごとを、ご自分のしもべ、預言者たちに示さないでは、何事もなさらない。
8 獅子がほえる。
だれが恐れないだろう。
神である主が語られる。
だれが預言しないでいられよう。

9 アシュドデの宮殿と、エジプトの地の宮殿に告げて言え。
「サマリヤの山々の上に集まり、そのうちの大恐慌と、その中のしいたげを見よ。
10 彼らは正しいことを行うことを知らない。
――主の御告げ――
彼らは自分たちの宮殿で、暴虐と暴行を重ねている。」
11 それゆえ、神である主はこう仰せられる。
「敵だ。この国を取り囲んでいる。
彼はあなたの権威を地に落とし、あなたの宮殿はかすめ奪われる。」
12 主はこう仰せられる。
「羊飼いが、雄獅子の口から、二本の足、あるいは耳たぶを取り返すように、サマリヤに住んでいるイスラエルの子らは、寝台の隅やダマスコの長いすから救い出される。」
13 「聞け。
そして、これをヤコブの家に証言せよ。
――神である主、万軍の神の御告げ――
14 まことに、イスラエルがわたしに犯したそむきの罪を、わたしが罰する日に、わたしはベテルの祭壇を罰する。
その祭壇の角は折られて、地に落ちる。
15 わたしは冬の家と夏の家とを打つ。
象牙の家々は滅び、多くの家々は消えうせる。
――主の御告げ――」

4章
1 聞け。このことばを。
サマリヤの山にいるバシャンの雌牛ども。
彼女らは弱い者たちをしいたげ、貧しい者たちを迫害し、自分の主人たちに、「何か持って来て、飲ませよ」と言う。
2 神である主は、ご自分の聖にかけて
誓われた。
見よ。その日があなたがたの上にやって来る。
その日、彼らはあなたがたを釣り針にかけ、あなたがたを最後のひとりまで、もりにかけて引いて行く。
3 あなたがたはみな、城壁の破れ口からまっすぐ出て行き、ハルモンは投げ出される。
――主の御告げ――

4 ベテルへ行って、そむけ。
ギルガルへ行って、ますますそむけ。
朝ごとにいけにえをささげ、三日ごとに十分の一のささげ物をささげよ。
5 感謝のささげ物として、種を入れたパンを焼き、進んでささげるささげ物を布告し、ふれ知らせよ。
イスラエルの子ら。
あなたがたはそうすることを好んでいる。
――神である主の御告げ――

6 わたしもまた、あなたがたのあらゆる町で、あなたがたの歯をきれいにしておき、あなたがたのすべての場所で、パンに欠乏させた。
それでも、あなたがたは
わたしのもとに帰って来なかった。
――主の御告げ――
7 わたしはまた、刈り入れまでなお三か月あるのに、あなたがたには雨をとどめ、一つの町には雨を降らせ、他の町には雨を降らせなかった。
一つの畑には雨が降り、雨の降らなかった他の畑はかわききった。
8 二、三の町は水を飲むために
一つの町によろめいて行ったが、満ち足りることはなかった。
それでも、あなたがたは
わたしのもとに帰って来なかった。
――主の御告げ――
9 わたしは立ち枯れと黒穂病で、あなたがたを打った。
あなたがたの果樹園とぶどう畑、いちじくの木とオリーブの木がふえても、かみつくいなごが食い荒らした。
それでも、あなたがたは
わたしのもとに帰って来なかった。
――主の御告げ――
10 わたしは、エジプトにしたように、疫病をあなたがたに送り、剣であなたがたの若者たちを殺し、あなたがたの馬を奪い去り、あなたがたの陣営に悪臭を上らせ、あなたがたの鼻をつかせた。
それでも、あなたがたは
わたしのもとに帰って来なかった。
――主の御告げ――
11 わたしは、あなたがたをくつがえした。
神がソドムとゴモラをくつがえしたように。
あなたがたは炎の中から取り出された
燃えさしのようであった。
それでも、あなたがたは
わたしのもとに帰って来なかった。
――主の御告げ――

12 それゆえ、イスラエルよ、わたしはあなたにこうしよう。
わたしはあなたにこのことをするから、イスラエル、あなたはあなたの神に会う備えをせよ。
13 見よ。山々を造り、風を造り出し、人にその思いが何であるかを告げ、暁と暗やみを造り、地の高い所を歩まれる方、その名は万軍の神、主。

5章
1 イスラエルの家よ。聞け。私があなたがたについて哀歌を唱えるこのことばを。
2 「おとめイスラエルは倒れて、二度と起き上がれない。
彼女はおのれの地に投げ倒されて、これを起こしてくれる者もいない。」
3 まことに、神である主はこう仰せられる。
「イスラエルの家で、千人を出征させていた町には百人が残り、百人を出征させていた町には十人が残ろう。」
4 まことに主は、イスラエルの家にこう仰せられる。
「わたしを求めて生きよ。
5 ベテルを求めるな。ギルガルに行くな。
ベエル・シェバにおもむくな。
ギルガルは必ず捕らえ移され、ベテルは無に帰するからだ。」

6 主を求めて生きよ。
さもないと、主は火のように、ヨセフの家に激しく下り、これを焼き尽くし、ベテルのためにこれを消す者がいなくなる。
7 彼らは公義を苦よもぎに変え、正義を地に投げ捨てている。

8 すばる座やオリオン座を造り、暗黒を朝に変え、昼を暗い夜にし、海の水を呼んで、それを地の面に注ぐ方、その名は主。
9 主は強い者を踏みにじり、要塞を破壊する。
10 彼らは門で戒めを与える者を憎み、正しく語る者を忌みきらう。
11 あなたがたは貧しい者を踏みつけ、彼から小作料を取り立てている。
それゆえあなたがたは、切り石の家々を建てても、その中に住めない。
美しいぶどう畑を作っても、その酒を飲めない。
12 私は、あなたがたのそむきの罪がいかに多く、あなたがたの罪がいかに重いかを知っている。
あなたがたは正しい者をきらい、まいないを取り、門で貧しい者を押しのける。
13 それゆえ、このようなときには、賢い者は沈黙を守る。
それは時代が悪いからだ。

14 善を求めよ。悪を求めるな。
そうすれば、あなたがたは生き、あなたがたが言うように、万軍の神、主が、あなたがたとともにおられよう。
15 悪を憎み、善を愛し、門で正しいさばきをせよ。
万軍の神、主は、もしや、ヨセフの残りの者を
あわれまれるかもしれない。

16 それゆえ、主なる万軍の神、主は、こう仰せられる。
「すべての広場に嘆きが起こり、すべての通りで、人々は『ああ、ああ』と言い、農夫を呼んで来て泣かせ、泣き方を知っている者たちを呼んで来て、嘆かせる。
17 すべてのぶどう畑に嘆きが起こる。
それは、わたしがあなたがたの中を
通り過ぎるからだ」と主は仰せられる。

18 ああ。
主の日を待ち望む者。
主の日はあなたがたにとっていったい何になる。
それはやみであって、光ではない。
19 人が獅子の前を逃げても、熊が彼に会い、家に入って手を壁につけると、蛇が彼にかみつくようなものである。
20 ああ、まことに、主の日はやみであって、光ではない。
暗やみであって、輝きではない。

21 わたしはあなたがたの祭りを憎み、退ける。
あなたがたのきよめの集会のときのかおりも、わたしは、かぎたくない。
22 たとい、あなたがたが全焼のいけにえや、穀物のささげ物をわたしにささげても、わたしはこれらを喜ばない。
あなたがたの肥えた家畜の和解のいけにえにも、目もくれない。
23 あなたがたの歌の騒ぎを、わたしから遠ざけよ。
わたしはあなたがたの琴の音を聞きたくない。
24 公義を水のように、正義をいつも水の流れる川のように、流れさせよ。

25 「イスラエルの家よ。
あなたがたは、荒野にいた四十年の間に、ほふられた獣とささげ物とを
わたしにささげたことがあったか。
26 あなたがたはあなたがたの王サクテと、あなたがたのために造った星の神、キウンの像を
かついでいた。
27 わたしはあなたがたを、ダマスコのかなたへ捕らえ移す」と
その名を万軍の神、主という方が仰せられる。

6章
1 ああ。
シオンで安らかに住んでいる者、サマリヤの山に信頼している者、イスラエルの家が行って仕える国々の
最高の首長たち。
2 カルネに渡って行って見よ。
そこから大ハマテに行き、またペリシテ人のガテに下って行け。
あなたがたはこれらの王国より
すぐれているだろうか。
あるいは、彼らの領土は
あなたがたの領土より大きいだろうか。
3 あなたがたは、わざわいの日を押しのけている、と思っているが、暴虐の時代を近づけている。

4 象牙の寝台に横たわり、長いすに身を伸ばしている者は、群れのうちから子羊を、牛舎の中から子牛を取って食べている。
5 彼らは十弦の琴の音に合わせて即興の歌を作り、ダビデのように新しい楽器を考え出す。
6 彼らは鉢から酒を飲み、最上の香油を身に塗るが、ヨセフの破滅のことで悩まない。
7 それゆえ、今、彼らは、最初の捕らわれ人として引いて行かれる。
身を伸ばしている者どもの宴会は
取り除かれる。

8 神である主は、ご自分にかけて誓われる。
――万軍の神、主の御告げ――
わたしはヤコブの誇りを忌みきらい、その宮殿を憎む。
わたしはこの町と、その中のすべての者を引き渡す。

9 一つの家に十人残っても、その者たちも死ぬ。
10 親戚の者でこれを焼く者が
家から死体を持ち出すために、これを取り上げ、その家の奥にいる者に向かって言う。
「あなたのところに、まだいるか。」
彼は言う。「だれもいない。」
また言う。「口をつぐめ。主の名を口にするな。」

11 まことに、見よ、主は命じる。
大きな家を打ち砕き、小さな家を粉々にせよ。
12 馬は岩の上を走るだろうか。
人は牛で海を耕すだろうか。
あなたがたは、公義を毒に変え、正義の実を苦よもぎに変えた。
13 あなたがたは、ロ・ダバルを喜び、「私たちは自分たちの力で
カルナイムを取ったではないか」と言う。
14 「まことに、イスラエルの家よ、今、わたしは一つの民を起こして
あなたがたを攻める。
――万軍の神、主の御告げ――
彼らはレボ・ハマテからアラバの川筋まで、あなたがたをしいたげる。」

7章
1 神である主は、私にこのように示された。見よ。王が刈り取ったあとの二番草が生え始めたころ、主はいなごを造っておられた。
2 そのいなごが地の青草を食い尽くそうとしたとき、私は言った。
「神、主よ。どうぞお赦しください。
ヤコブはどうして生き残れましょう。
彼は小さいのです。」
3 主はこのことについて思い直し、「そのことは起こらない」と主は仰せられた。
4 神である主は、私にこのように示された。見よ。神である主は燃える火を呼んでおられた。火は大淵を焼き尽くし、割り当て地を焼き尽くそうとしていた。
5 私は言った。
「神、主よ。どうか、おやめください。
ヤコブはどうして生き残れましょう。
彼は小さいのです。」
6 主はこのことについて思い直し、「このことも起こらない」と
神である主は仰せられた。
7 主は私にこのように示された。見よ。主は手に重りなわを持ち、重りなわで築かれた城壁の上に立っておられた。
8 主は私に仰せられた。「アモス。何を見ているのか。」私が「重りなわです」と言うと、主は仰せられた。
「見よ。わたしは重りなわを、わたしの民イスラエルの真ん中に垂れ下げよう。
わたしはもう二度と彼らを見過ごさない。
9 イサクの高き所は荒らされ、イスラエルの聖所は廃墟となる。
わたしは剣をもって、ヤロブアムの家に立ち向かう。」
10 ベテルの祭司アマツヤは、イスラエルの王ヤロブアムに人を遣わしてこう言った。「イスラエルの家のただ中で、アモスはあなたに謀反を企てています。この国は彼のすべてのことばを受け入れることはできません。
11 アモスはこう言っています。『ヤロブアムは剣で死に、イスラエルはその国から必ず捕らえられて行く。』」
12 アマツヤはアモスに言った。「先見者よ。ユダの地へ逃げて行け。その地でパンを食べ、その地で預言せよ。
13 ベテルでは二度と預言するな。ここは王の聖所、王宮のある所だから。」
14 アモスはアマツヤに答えて言った。「私は預言者ではなかった。預言者の仲間でもなかった。私は牧者であり、いちじく桑の木を栽培していた。
15 ところが、主は群れを追っていた私をとり、主は私に仰せられた。『行って、わたしの民イスラエルに預言せよ』と。
16 今、主のことばを聞け。あなたは『イスラエルに向かって預言するな。イサクの家に向かって預言するな』と言っている。
17 それゆえ、主はこう仰せられる。
『あなたの妻は町で遊女となり、あなたの息子、娘たちは剣に倒れ、あなたの土地は測りなわで分割される。
あなたは汚れた地で死に、イスラエルはその国から
必ず捕らえられて行く。』」

8章
1 神である主は、私にこのように示された。そこに一かごの夏のくだものがあった。
2 主は仰せられた。「アモス。何を見ているのか。」私が、「一かごの夏のくだものです」と言うと、主は私に仰せられた。
「わたしの民イスラエルに、終わりが来た。
わたしはもう二度と彼らを見過ごさない。
3 その日には、神殿の歌声は泣きわめきとなる。
――神である主の御告げ――
多くのしかばねが、至る所に投げ捨てられる。
口をつぐめ。」

4 聞け。貧しい者たちを踏みつけ、地の悩む者たちを絶やす者よ。
5 あなたがたは言っている。
「新月の祭りはいつ終わるのか。
私たちは穀物を売りたいのだが。
安息日はいつ終わるのか。
麦を売りに出したいのだが。
エパを小さくし、シェケルを重くし、欺きのはかりで欺こう。
6 弱い者を金で買い、貧しい者を一足のくつで買い取り、くず麦を売るために。」

7 主はヤコブの誇りにかけて誓われる。
「わたしは、彼らのしていることをみな、いつまでも、決して忘れない。
8 このために地は震えないだろうか。
地に住むすべての者は
泣き悲しまないだろうか。
地のすべてのものは
ナイル川のようにわき上がり、エジプト川のように、みなぎっては、また沈まないだろうか。

9 その日には、――神である主の御告げ――
わたしは真昼に太陽を沈ませ、日盛りに地を暗くし、
10 あなたがたの祭りを喪に変え、あなたがたのすべての歌を哀歌に変え、すべての腰に荒布をまとわせ、すべての人の頭をそらせ、その日を、ひとり子を失ったときの喪のようにし、その終わりを苦い日のようにする。

11 見よ。その日が来る。
――神である主の御告げ――
その日、わたしは、この地にききんを送る。
パンのききんではない。
水に渇くのでもない。
実に、主のことばを聞くことのききんである。
12 彼らは海から海へとさまよい歩き、北から東へと、主のことばを捜し求めて、行き巡る。
しかしこれを見いだせない。
13 その日には、美しい若い女も、若い男も、渇きのために衰え果てる。
14 サマリヤの罪過にかけて誓い、『ダンよ。あなたの神は生きている』と言い、『ベエル・シェバの道は生きている』と言う者は、倒れて、二度と起き上がれない。」

9章
1 私は、祭壇のかたわらに立っておられる主を見た。
主は仰せられた。
「柱頭を打って、敷居が震えるようにせよ。
そのすべてを頭上で打ち砕け。
わたしは彼らの残った者を、剣で殺す。
彼らのうち、ひとりも逃げる者はなく、のがれる者もない。
2 彼らが、よみに入り込んでも、わたしの手はそこから彼らを引き出し、彼らが天に上っても、わたしはそこから彼らを引き降ろす。
3 彼らがカルメルの頂に身を隠しても、わたしは捜して、そこから彼らを捕らえ出し、彼らがわたしの目を避けて
海の底に身を隠しても、わたしは蛇に命じて、そこで彼らをかませる。
4 もし、彼らが敵のとりことなって行っても、わたしは剣に命じて、その所で彼らを殺させる。
わたしはこの目で彼らを見る。
それは、わざわいのためで、幸いのためではない。」

5 万軍の神、主が、地に触れると、それは溶け、そこに住むすべての者は泣き悲しみ、地のすべてのものは
ナイル川のようにわき上がり、エジプト川のように沈む。
6 天に高殿を建て、地の上に丸天井を据え、海の水を呼んで、地の面に注がれる方、その名は主。

7 「イスラエルの子ら。
あなたがたは、わたしにとって、クシュ人のようではないのか。
――主の御告げ――
わたしはイスラエルをエジプトの国から、ペリシテ人をカフトルから、アラムをキルから連れ上ったではないか。
8 見よ。神である主の目が、罪を犯した王国に向けられている。
わたしはこれを地の面から根絶やしにする。
しかし、わたしはヤコブの家を、全く根絶やしにはしない。
――主の御告げ――
9 見よ。わたしは命じて、ふるいにかけるように、すべての国々の間でイスラエルの家をふるい、一つの石ころも地に落とさない。
10 わたしの民の中の罪人はみな、剣で死ぬ。
彼らは『わざわいは私たちに近づかない。
私たちまでは及ばない』と言っている。

11 その日、わたしは
ダビデの倒れている仮庵を起こし、その破れを繕い、その廃墟を復興し、昔の日のようにこれを建て直す。
12 これは彼らが、エドムの残りの者と、わたしの名がつけられた
すべての国々を手に入れるためだ。
――これをなされる主の御告げ――

13 見よ。その日が来る。
――主の御告げ――
その日には、耕す者が刈る者に近寄り、ぶどうを踏む者が種蒔く者に近寄る。
山々は甘いぶどう酒をしたたらせ、すべての丘もこれを流す。
14 わたしは、わたしの民イスラエルの繁栄を元どおりにする。
彼らは荒れた町々を建て直して住み、ぶどう畑を作って、そのぶどう酒を飲み、果樹園を作って、その実を食べる。
15 わたしは彼らを彼らの地に植える。
彼らは、わたしが彼らに与えたその土地から、もう、引き抜かれることはない」と
あなたの神、主は、仰せられる。