ゼパニヤ書

1章
1 ユダの王、アモンの子ヨシヤの時代に、クシの子ゼパニヤにあった主のことば。クシはゲダルヤの子、ゲダルヤはアマルヤの子、アマルヤはヒゼキヤの子である。
2 わたしは必ず地の面から、すべてのものを取り除く。
――主の御告げ――
3 わたしは人と獣を取り除き、空の鳥と海の魚を取り除く。
わたしは、悪者どもをつまずかせ、人を地の面から断ち滅ぼす。
――主の御告げ――
4 わたしの手を、ユダの上に、エルサレムのすべての住民の上に伸ばす。
わたしはこの場所から、バアルの残りの者と、偶像に仕える祭司たちの名とを、その祭司たちとともに断ち滅ぼす。
5 また、屋上で天の万象を拝む者ども、また、主に誓いを立てて礼拝しながら、ミルコムに誓いを立てる者ども、
6 また、主に従うことをやめ、主を尋ね求めず、主を求めない者どもを断ち滅ぼす。
7 神である主の前に静まれ。
主の日は近い。主が一頭のほふる獣を備え、主に招かれた者を聖別されたからだ。
8 主が獣をほふる日に、わたしは首長たちや王子たち、外国の服をまとったすべての者を罰する。
9 その日、わたしは、神殿の敷居によじのぼるすべての者、自分の主人の家を暴虐と欺きで満たす者どもを
罰する。

10 その日には、――主の御告げ――
魚の門から叫び声が、第二区から嘆き声が、丘からは大いなる破滅の響きが起こる。
11 泣きわめけ。マクテシュ区に住む者どもよ。
商人はみな滅びうせ、銀を量る者もみな断ち滅ぼされるからだ。
12 その時、わたしは、ともしびをかざして、エルサレムを捜し、そのぶどう酒のかすの上によどんでいて、「主は良いことも、悪いこともしない」と
心の中で言っている者どもを罰する。
13 彼らの財産は略奪され、彼らの家は荒れ果てる。
彼らは家を建てても、それに住めず、ぶどう畑を作っても、そのぶどう酒を飲めない。

14 主の大いなる日は近い。
それは近く、非常に早く来る。
聞け。主の日を。勇士も激しく叫ぶ。
15 その日は激しい怒りの日、苦難と苦悩の日、荒廃と滅亡の日、やみと暗黒の日、雲と暗やみの日、
16 角笛とときの声の日、城壁のある町々と高い四隅の塔が襲われる日だ。
17 わたしは人を苦しめ、人々は盲人のように歩く。
彼らは主に罪を犯したからだ。
彼らの血はちりのように振りまかれ、彼らのはらわたは糞のようにまき散らされる。
18 彼らの銀も、彼らの金も、主の激しい怒りの日に彼らを救い出せない。
そのねたみの火で、全土は焼き払われる。
主は実に、地に住むすべての者を
たちまち滅ぼし尽くす。

2章
1 恥知らずの国民よ。こぞって集まれ、集まれ。
2 昼間、吹き散らされるもみがらのように、あなたがたがならないうちに。
主の燃える怒りが、まだあなたがたを襲わないうちに。
主の怒りの日が、まだあなたがたを襲わないうちに。
3 主の定めを行う
この国のすべてのへりくだる者よ。
主を尋ね求めよ。
義を求めよ。柔和を求めよ。
そうすれば、主の怒りの日にかくまわれるかもしれない。

4 だが、ガザは捨てられ、アシュケロンは荒れ果てる。
アシュドデは真昼に追い払われ、エクロンは根こぎにされる。
5 ああ。海辺に住む者たち。
ケレテ人の国。
主のことばはおまえたちに向けられている。
ペリシテ人の国カナン。
わたしはおまえを消し去って、住む者がいないようにする。
6 海辺よ。おまえは牧場となり、牧者たちの牧草地となり、羊の囲い場となる。
7 海辺はユダの家の残りの者の所有となる。
彼らは海辺で羊を飼い、日が暮れると、アシュケロンの家々で横になる。
彼らの神、主が、彼らを訪れ、彼らの繁栄を元どおりにするからだ。

8 わたしはモアブのそしりと、アモン人のののしりを聞いた。
彼らはわたしの民をそしり、その領土に向かって高ぶった。
9 それゆえ、わたしは誓って言う。
――イスラエルの神、万軍の主の御告げ――
モアブは必ずソドムのようになり、アモン人はゴモラのようになり、いらくさの茂る所、塩の穴、とこしえの荒れ果てた地となる。
わたしの民の残りの者が、そこをかすめ奪う。
わたしの国民の生き残りの者が、そこを受け継ぐ。

10 これは、彼らの高慢のためだ。彼らが万軍の主の民をそしり、これに向かって高ぶったからだ。
11 主は彼らを脅かし、地のすべての神々を消し去る。そのとき、人々はみな、自分のいる所で主を礼拝し、国々のすべての島々も主を礼拝する。

12 あなたがた、クシュ人も、わたしの剣で刺し殺される。
13 主は手を北に差し伸べ、アッシリヤを滅ぼし、ニネベを荒れ果てた地とし、荒野のようにし、砂漠とする。
14 その中に、獣の群れ、あらゆる地の獣が伏し、ペリカンと針ねずみはその柱頭をねぐらとし、ふくろうはその窓で鳴き、烏は敷居で鳴く。
主が、杉でつくったこの町をあばかれたからだ。
15 これが、安らかに過ごし、心の中で、「私だけは特別だ」と言った
あのおごった町なのか。
ああ、その町は荒れ果てて、獣の伏す所となる。
そこを通り過ぎる者はみな、あざけって、手を振ろう。

3章
1 ああ。
反逆と汚れに満ちた暴力の町。
2 呼びかけを聞こうともせず、懲らしめを受け入れようともせず、主に信頼せず、神に近づこうともしない。
3 その首長たちは、町の中にあってほえたける雄獅子。
そのさばきつかさたちは、日暮れの狼だ。
朝まで骨をかじってはいない。
4 その預言者たちは、ずうずうしく、裏切る者。
その祭司たちは、聖なる物を汚し、律法を犯す。
5 主は、その町の中にあって正しく、不正を行わない。
朝ごとに、ご自分の公義を残らず明るみに示す。
しかし、不正をする者は恥を知らない。

6 わたしは諸国の民を断ち滅ぼした。
その四隅の塔は荒れ果てた。
わたしが彼らの通りを廃墟としたので、通り過ぎる者はだれもいない。
彼らの町々は荒れすたれてひとりの人もおらず、住む者もない。
7 わたしは言った。
「あなたはただ、わたしを恐れ、懲らしめを受けよ。
そうすれば、わたしがこの町を罰したにもかかわらず、その住まいは断ち滅ぼされまい。
確かに、彼らは、くり返してあらゆる悪事を行ったが。」
8 それゆえ、わたしを待て。
――主の御告げ――
わたしが証人として立つ日を待て。
わたしは諸国の民を集め、もろもろの王国をかき集めてさばき、わたしの憤りと燃える怒りを
ことごとく彼らに注ぐ。
まことに、全地はわたしのねたみの火によって、焼き尽くされる。

9 そのとき、わたしは、国々の民のくちびるを変えてきよくする。
彼らはみな主の御名によって祈り、一つになって主に仕える。
10 クシュの川の向こうから、わたしに願い事をする者、わたしに散らされた者たちが
贈り物を持って来る。

11 その日には、あなたは、わたしに逆らったすべてのしわざのために、恥を見ることはない。
そのとき、わたしは、あなたの中からおごり高ぶる者どもを取り去り、あなたはわたしの聖なる山で、二度と高ぶることはない。
12 わたしは、あなたのうちに、へりくだった、寄るべのない民を残す。
彼らはただ主の御名に身を避ける。
13 イスラエルの残りの者は不正を行わず、偽りを言わない。
彼らの口の中には欺きの舌はない。
まことに彼らは草を食べて伏す。
彼らを脅かす者はない。

14 シオンの娘よ。喜び歌え。
イスラエルよ。喜び叫べ。
エルサレムの娘よ。心の底から、喜び勝ち誇れ。
15 主はあなたへの宣告を取り除き、あなたの敵を追い払われた。
イスラエルの王、主は、あなたのただ中におられる。
あなたはもう、わざわいを恐れない。
16 その日、エルサレムはこう言われる。
シオンよ。恐れるな。気力を失うな。
17 あなたの神、主は、あなたのただ中におられる。
救いの勇士だ。
主は喜びをもってあなたのことを楽しみ、その愛によって安らぎを与える。
主は高らかに歌ってあなたのことを喜ばれる。

18 例祭から離れて悲しむ者たちをわたしは集める。
彼らはあなたからのもの。
そしりはシオンへの警告である。
19 見よ。その時、わたしはあなたを苦しめたすべての者を罰し、足のなえた者を救い、散らされた者を集める。
わたしは彼らの恥を栄誉に変え、全地でその名をあげさせよう。
20 その時、わたしはあなたがたを連れ帰り、その時、わたしはあなたがたを集める。
わたしがあなたがたの目の前で、あなたがたの繁栄を元どおりにするとき、地のすべての民の間で
あなたがたに、名誉と栄誉を与えよう、と
主は仰せられる。