ナホム書

1章
1 ニネベに対する宣告。エルコシュ人ナホムの幻の書。
2 主はねたみ、復讐する神。
主は復讐し、憤る方。
主はその仇に復讐する方。
敵に怒りを保つ方。
3 主は怒るのにおそく、力強い。
主は決して罰せずにおくことはしない方。
主の道はつむじ風とあらしの中にある。
雲はその足でかき立てられる砂ほこり。
4 主は海をしかって、これをからし、すべての川を干上がらせる。
バシャンとカルメルはしおれ、レバノンの花はしおれる。
5 山々は主の前に揺れ動き、丘々は溶け去る。
大地は御前でくつがえり、世界とこれに住むすべての者もくつがえる。
6 だれがその憤りの前に立ちえよう。
だれがその燃える怒りに耐えられよう。
その憤りは火のように注がれ、岩も主によって打ち砕かれる。
7 主はいつくしみ深く、苦難の日のとりでである。
主に身を避ける者たちを
主は知っておられる。
8 しかし、主は、あふれみなぎる洪水で、その場所を滅ぼし尽くし、その敵をやみに追いやられる。
9 あなたがたは主に対して何をたくらむのか。
主はすべてを滅ぼし尽くす。
仇は二度と立ち上がれない。
10 彼らは、からみついたいばら。
大酒を飲んだ酔っぱらいのようであっても、かわいた刈り株のように、全く焼き尽くされる。
11 あなたのうちから、主に対して悪巧みをし、よこしまなことを計る者が出たからだ。

12 主はこう仰せられる。
「彼らは安らかで、数が多くても、刈り取られて消えうせる。
わたしはあなたを苦しめたが、再び、あなたを苦しめない。
13 今、わたしは彼のくびきを
あなたからはずして打ち砕き、あなたをなわめから解き放す。」

14 主はあなたについて命じられた。
「あなたの子孫はもう散らされない。
あなたの神々の宮から、わたしは彫像や鋳像を断ち滅ぼす。
あなたはつまらない者であったが、わたしはあなたの墓を設けよう。」

15 見よ。良い知らせを伝える者、平和を告げ知らせる者の足が山々の上にある。
ユダよ。あなたの祭りを祝い、あなたの誓願を果たせ。
よこしまな者は、もう二度と、あなたの間を通り過ぎない。
彼らはみな、断ち滅ぼされた。

2章
1 散らす者が、あなたを攻めに上って来る。
塁を守り、道を見張り、腰をからげ、大いに力を奮い立たせよ。

2 主は、ヤコブの栄えを、イスラエルの栄えのように回復される。
――かすめる者が彼らをかすめ、彼らのぶどうのつるをそこなったからだ。

3 その勇士の盾は赤く、兵士は緋色の服をまとい、戦車は整えられて鉄の火のようだ。
槍は揺れ、
4 戦車は通りを狂い走り、広場を駆け巡る。
その有様はたいまつのようで、いなずまのように走り回る。
5 貴人たちは呼び出され、途上でつまずき倒れる。
彼らはその城壁へ急ぎ、防柵を設ける。
6 町々の門は開かれ、宮殿は消え去る。
7 王妃は捕らえられて連れ去られ、そのはしためは鳩のような声で嘆き、胸を打って悲しむ。
8 ニネベは水の流れ出る池のようだ。
みな逃げ出して、「止まれ、立ち止まれ」と言っても、だれも振り返りもしない。
9 銀を奪え。金も奪え。
その財宝は限りない。
あらゆる尊い品々が豊富だ。

10 破壊、滅亡、荒廃。
心はしなえ、ひざは震え、すべての腰はわななき、だれの顔も青ざめる。
11 雄獅子の住みかはどこにあるのか。
それは若い獅子のためのほら穴。
雄獅子が出歩くとき、雌獅子と子獅子はそこにいるが、だれも脅かす者はない。
12 雄獅子は子獅子のために、十分な獲物を引き裂き、雌獅子のためにかみ殺し、そのほら穴を、獲物で、その巣を、引き裂いた物で満たした。

13 見よ。わたしはあなたに立ち向かう。
――万軍の主の御告げ――
わたしはあなたの戦車を燃やして煙とする。
剣はあなたの若い獅子を食い尽くす。
わたしはあなたの獲物を地から絶やす。
あなたの使者たちの声はもう聞かれない。

3章
1 ああ。流血の町。
虚偽に満ち、略奪を事とし、強奪をやめない。
2 むちの音。車輪の響き。
駆ける馬。飛び走る戦車。
3 突進する騎兵。
剣のきらめき。槍のひらめき。
おびただしい戦死者。山なすしかばね。
数えきれない死体。
死体に人はつまずく。
4 これは、すぐれて麗しい遊女、呪術を行う女の多くの淫行によるものだ。
彼女はその淫行によって国々を、その魅力によって諸部族を売った。

5 見よ。わたしはあなたに立ち向かう。
――万軍の主の御告げ――
わたしはあなたのすそを顔の上までまくり上げ、あなたの裸を諸国の民に見せ、あなたの恥を諸王国に見せる。
6 わたしはあなたに汚物をかけ、あなたをはずかしめ、あなたを見せものとする。
7 あなたを見る者はみな、あなたから逃げて言う。
「ニネベは滅びた」と。
だれが彼女を慰めよう。
あなたのために悔やむ者を、どこにわたしは捜そうか。

8 あなたは、ナイル川のほとりにある
ノ・アモンよりもすぐれているか。
水がこれを取り囲む。
その塁は海、その城壁は水。
9 クシュとエジプトはその力。
それは限りがない。
プテ人、ルブ人もその助け手。
10 しかし、これもまた、捕囚となり、とりことなって行き、その幼子たちもあらゆる町かどで八つ裂きにされ、その高貴な人たちもくじ引きにされ、そのおもだった者たちもみな、鎖につながれた。
11 あなたも酔いしれて身を隠し、敵から逃げてとりでを捜し求めよう。
12 あなたのすべての要塞は、初なりのいちじくを持ついちじくの木。
それをゆさぶると、食べる者の口に落ちる。
13 見よ。あなたの兵士は、あなたの中にいる女だ。
あなたの国のもろもろの門は、敵のために広くあけ放たれ、火はあなたのかんぬきを焼き尽くす。

14 包囲の日のための水を汲み、要塞を強固にせよ。
泥の中に入り、粘土を踏みつけ、れんがの型を取っておけ。
15 その時、火はあなたを焼き尽くし、剣はあなたを切り倒し、火はばったのようにあなたを焼き尽くす。
あなたは、ばったのように数を増し、いなごのようにふえよ。
16 あなたの商人を天の星より多くしても、ばったがこれを襲って飛び去る。
17 あなたの衛兵は、いなごのように、あなたの役人たちは、群がるいなごのように、寒い日には城壁の上でたむろし、日が出ると飛び去り、だれも、どこへ行くか行く先を知らない。

18 アッシリヤの王よ。
あなたの牧者たちは眠り、あなたの貴人たちは寝込んでいる。
あなたの民は山々の上に散らされ、だれも集める者はいない。
19 あなたの傷は、いやされない。
あなたの打ち傷は、いやしがたい。
あなたのうわさを聞く者はみな、あなたに向かって手をたたく。
だれもかれも、あなたに絶えずいじめられていたからだ。