ハバクク書

1章
1 預言者ハバククが預言した宣告。
2 主よ。私が助けを求めて叫んでいますのに、あなたはいつまで、聞いてくださらないのですか。
私が「暴虐」とあなたに叫んでいますのに、あなたは救ってくださらないのですか。
3 なぜ、あなたは私に、わざわいを見させ、労苦をながめておられるのですか。
暴行と暴虐は私の前にあり、闘争があり、争いが起こっています。
4 それゆえ、律法は眠り、さばきはいつまでも行われません。
悪者が正しい人を取り囲み、さばきが曲げて行われています。

5 異邦の民を見、目を留めよ。
驚き、驚け。
わたしは一つの事をあなたがたの時代にする。
それが告げられても、あなたがたは信じまい。
6 見よ。わたしはカルデヤ人を起こす。
強暴で激しい国民だ。
これは、自分のものでない住まいを占領しようと、地を広く行き巡る。
7 これは、ひどく恐ろしい。
自分自身でさばきを行い、威厳を現す。
8 その馬は、ひょうよりも速く、日暮れの狼よりも敏しょうだ。
その軍馬は、はね回る。
その騎兵は遠くからやって来て、鷲のように獲物を食おうと飛びかかる。
9 彼らは来て、みな暴虐をふるう。
彼らの顔を東風のように向け、彼らは砂のようにとりこを集める。
10 彼らは王たちをあざけり、君主たちをあざ笑う。
彼らはすべての要塞をあざ笑い、土を積み上げて、それを攻め取る。
11 それから、風のように移って来て、過ぎて行く。
自分の力を自分の神とする者は罰せられる。

12 主よ。あなたは昔から、私の神、私の聖なる方ではありませんか。
私たちは死ぬことはありません。
主よ。あなたはさばきのために、彼を立て、岩よ、あなたは叱責のために、彼を据えられました。
13 あなたの目はあまりきよくて、悪を見ず、労苦に目を留めることができないのでしょう。
なぜ、裏切り者をながめておられるのですか。
悪者が自分より正しい者をのみこむとき、なぜ黙っておられるのですか。
14 あなたは人を海の魚のように、治める者のないはう虫のようにされます。

15 彼は、このすべての者を釣り針で釣り上げ、これを網で引きずり上げ、引き網で集める。
こうして、彼は喜び楽しむ。
16 それゆえ、彼はその網にいけにえをささげ、その引き網に香をたく。
これらによって、彼の分け前が豊かになり、その食物も豊富になるからだ。
17 それゆえ、彼はいつもその網を使い続け、容赦なく、諸国の民を殺すのだろうか。

2章
1 私は、見張り所に立ち、とりでにしかと立って見張り、主が私に何を語り、私の訴えに何と答えるかを見よう。
2 主は私に答えて言われた。
幻を板の上に書いて確認せよ。
これを読む者が急使として走るために。
3 この幻は、定めの時について証言しており、終わりについて告げ、まやかしを言ってはいない。
もしおそくなっても、それを待て。
それは必ず来る。遅れることはない。

4 見よ。彼の心はうぬぼれていて、まっすぐでない。
しかし、正しい人はその信仰によって生きる。

5 実にぶどう酒は欺くものだ。
高ぶる者は定まりがない。
彼はよみのようにのどを広げ、死のように、足ることを知らない。
彼はすべての国々を自分のもとに集め、すべての国々の民を自分のもとにかき集める。
6 これらはみな、彼についてあざけりの声をあげ、彼を皮肉り、風刺してこう言わないだろうか。
「わざわいだ。
自分のものでないものを増し加える者。
――いつまでだろうか――
その上に担保を重くする者。」
7 あなたをかむ者が突然起き上がり、あなたを揺り動かす者が目ざめないだろうか。
あなたは彼らに奪い取られる。
8 あなたが多くの国々を略奪したので、ほかのすべての国々の民が、あなたを略奪する。
あなたが人の血を流し、国や町や、そのすべての住民に
暴力をふるったためだ。

9 わざわいだ。
自分の家のために不正な利得をむさぼり、わざわいの手からのがれるために、自分の巣を高い所に据える者。
10 あなたは自分の家のために恥ずべきことを計り、多くの国々の民を滅ぼした。
あなたのたましいは罪を犯した。
11 まことに、石は石垣から叫び、梁は家からこれに答える。

12 わざわいだ。
血で町を建て、不正で都を築き上げる者。
13 これは、万軍の主によるのではないか。
国々の民は、ただ火で焼かれるために労し、諸国の民は、むなしく疲れ果てる。
14 まことに、水が海をおおうように、地は、主の栄光を知ることで満たされる。

15 わざわいだ。
自分の友に飲ませ、毒を混ぜて酔わせ、その裸を見ようとする者。
16 あなたは栄光よりも恥で満ち足りている。
あなたも飲んで、陽の皮を見せよ。
主の右の手の杯は、あなたの上に巡って来て、恥があなたの栄光をおおう。
17 レバノンへの暴虐があなたをおおい、獣への残虐があなたを脅かす。
あなたが人の血を流し、国や町や、そのすべての住民に
暴力をふるったためだ。

18 彫刻師の刻んだ彫像や鋳像、偽りを教える者が、何の役に立とう。
物言わぬ偽りの神々を造って、これを造った者が、それにたよったところで、何の役に立とう。
19 わざわいだ。
木に向かって目をさませと言い、黙っている石に向かって起きろと言う者よ。
それは像だ。
それは金や銀をかぶせたもの。
その中には何の息もない。
20 しかし主は、その聖なる宮におられる。
全地よ。その御前に静まれ。

3章
1 預言者ハバククの祈り。シグヨノテに合わせて。
2 主よ。私はあなたのうわさを聞き、主よ、あなたのみわざを恐れました。
この年のうちに、それをくり返してください。
この年のうちに、それを示してください。
激しい怒りのうちにも、あわれみを忘れないでください。

3 神はテマンから来られ、聖なる方はパランの山から来られる。セラ
その尊厳は天をおおい、その賛美は地に満ちている。
4 輝きは光のよう。
ひらめきはその手から放たれ、そこに力が隠されている。
5 その御前を疫病が行き、熱病はそのうしろに従う。
6 神は立って、地を測り、見渡して、諸国の民を震え上がらせる。
とこしえの山は打ち砕かれ、永遠の丘は低くされる。
しかし、その軌道は昔のまま。

7 私が見ると、クシャンの天幕は乱れ騒ぎ、ミデヤンの地の幕屋はわなないている。

8 主よ。川に怒りを燃やされるのですか。
あなたの怒りを川に向けられるのですか。
それとも、あなたの憤りを海に向けられるのですか。
あなたは、馬に乗り、あなたの救いの戦車に乗って来られます。
9 あなたの弓はおおいを取り払われ、ことばの杖の誓いが果たされます。セラ
あなたは地を裂いて川々とされます。
10 山々はあなたを見て震え、豪雨は流れ去り、深い淵はその声を出し、その手を高く上げます。
11 太陽と月はその住みかにとどまります。
あなたの矢の光によって、あなたのきらめく槍の輝きによって、それらは動きます。
12 あなたは、憤って、地を行き巡り、怒って、国々を踏みつけられます。
13 あなたは、ご自分の民を救うために出て来られ、あなたに油そそがれた者を救うために
出て来られます。

あなたは、悪者の家の頭を粉々に砕き、足もとから首まで裸にされます。セラ
14 あなたは、戦士たちの頭に矢を刺し通されます。
彼らは隠れている貧しい者を
食い尽くす者のように、私をほしいままに追い散らそうと荒れ狂います。
15 あなたは、あなたの馬で海を踏みつけ、大水に、あわを立たせられます。

16 私は聞き、私のはらわたはわななき、私のくちびるはその音のために震える。
腐れは私の骨のうちに入り、私の足もとはぐらつく。
私たちを攻める民に襲いかかる悩みの日を、私は静かに待とう。

17 そのとき、いちじくの木は花を咲かせず、ぶどうの木は実をみのらせず、オリーブの木も実りがなく、畑は食物を出さない。
羊は囲いから絶え、牛は牛舎にいなくなる。
18 しかし、私は主にあって喜び勇み、私の救いの神にあって喜ぼう。
19 私の主、神は、私の力。
私の足を雌鹿のようにし、私に高い所を歩ませる。

指揮者のために。弦楽器に合わせて。