ミカ書

1章
1 ユダの王ヨタム、アハズ、ヒゼキヤの時代に、モレシェテ人ミカにあった主のことば。これは彼がサマリヤとエルサレムについて見た幻である。
2 すべての国々の民よ。聞け。
地と、それに満ちるものよ。耳を傾けよ。
神である主は、あなたがたのうちで証人となり、主はその聖なる宮から来て証人となる。
3 見よ。主は御住まいを出、降りて来て、地の高い所を踏まれる。
4 山々は主の足もとに溶け去り、谷々は裂ける。
ちょうど、火の前の、ろうのように。
坂に注がれた水のように。
5 これはみな、ヤコブのそむきの罪のため、イスラエルの家の罪のためだ。
ヤコブのそむきの罪は何か。
サマリヤではないか。
ユダの高き所は何か。
エルサレムではないか。
6 わたしはサマリヤを野原の廃墟とし、ぶどうを植える畑とする。
わたしはその石を谷に投げ入れ、その基をあばく。
7 そのすべての刻んだ像は打ち砕かれ、その儲けはみな、火で焼かれる。
わたしはそのすべての偶像を荒廃させる。
それらは遊女の儲けで集められたのだから、遊女の儲けに返る。

8 このために、わたしは嘆き、泣きわめき、はだしで、裸で歩こう。
わたしはジャッカルのように嘆き、だちょうのように悲しみ泣こう。
9 まことに、その打ち傷はいやしがたく、それはユダにまで及び、わたしの民の門、エルサレムにまで達する。

10 ガテで告げるな。
激しく泣きわめくな。
ベテ・レアフラでちりの中にころび回れ。
11 シャフィルに住む者よ。
裸で恥じながら過ぎて行け。
ツァアナンに住む者は出て来ない。
ベテ・エツェルの嘆きは、あなたがたから、立つ所を奪い取る。
12 マロテに住む者が、どうして、しあわせを待ち望めよう。
エルサレムの門に、主からわざわいが下ったのに。
13 ラキシュに住む者よ。戦車に早馬をつなげ。
それはシオンの娘にとって罪の初めであった。
イスラエルの犯したそむきの罪が、あなたのうちに見つけられたからだ。
14 それゆえ、あなたは贈り物をモレシェテ・ガテに与える。
アクジブの家々は、イスラエルの王たちにとって、欺く者となる。
15 マレシャに住む者よ。
わたしはまた、侵略者をあなたのところに送る。
イスラエルの栄光はアドラムまで行こう。
16 あなたの喜びとする子らのために、あなたの頭をそれ。
そのそった所を、はげ鷲のように大きくせよ。
彼らが捕らえられて、あなたから去って行ったから。

2章
1 ああ。
悪巧みを計り、寝床の上で悪を行う者。
朝の光とともに、彼らはこれを実行する。
自分たちの手に力があるからだ。
2 彼らは畑を欲しがって、これをかすめ、家々をも取り上げる。
彼らは人とその持ち家を、人とその相続地をゆすり取る。
3 それゆえ、主はこう仰せられる。
「見よ。わたしは、こういうやからに、わざわいを下そうと考えている。
あなたがたは首をもたげることも、いばって歩くこともできなくなる。
それはわざわいの時だからだ。」
4 その日、あなたがたについて、あざけりの声があがり、嘆きの歌が起こって言う。
「私たちはすっかり荒らされてしまい、私の民の割り当て地は取り替えられてしまった。
どうしてそれは私から移され、私たちの畑は裏切る者に分け与えられるのか。」
5 それゆえ、主の集会で、あなたのために、くじを引いて測り綱を張る者がいなくなる。

6 「たわごとを言うな」と言って、彼らはたわごとを言っている。
そんなたわごとを言ってはならない。
恥を避けることはできない。
7 ヤコブの家がそんなことを言われてよいものか。
主がこれをがまんされるだろうか。
これは主のみわざだろうか。
私のことばは、正しく歩む者に益とならないだろうか。

8 以前から、わたしの民は
敵として立ち上がっている。
しかし、あなたがたは、戦いをやめて安らかに過ごしている者たちの
みごとな上着をはぎ取る。
9 あなたがたは、わたしの民の女たちを、その楽しみの家から追い出し、その幼子たちから、わたしの誉れを永遠に取り去る。
10 さあ、立ち去れ。ここはいこいの場所ではない。
ここは汚れているために滅びる。
それはひどい滅びだ。
11 もし人が風のまにまに歩き回り、偽りを言って、「私はあなたがたに、ぶどう酒と強い酒について
一言しよう」と言うなら、その者こそ、この民のたわごとを言う者だ。

12 ヤコブよ。
わたしはあなたをことごとく必ず集める。
わたしはイスラエルの残りの者を必ず集める。
わたしは彼らを、おりの中の羊のように、牧場の中の群れのように一つに集める。
こうして人々のざわめきが起ころう。
13 打ち破る者は、彼らの先頭に立って上って行き、彼らは門を打ち破って進んで行き、そこを出て行く。
彼らの王は彼らの前を進み、主が彼らの真っ先に進まれる。

3章
1 わたしは言った。
聞け。ヤコブのかしらたち、イスラエルの家の首領たち。
あなたがたは公義を知っているはずではないか。
2 あなたがたは善を憎み、悪を愛し、人々の皮をはぎ、その骨から肉をそぎ取り、
3 わたしの民の肉を食らい、皮をはぎ取り、その骨を粉々に砕き、鉢の中にあるように、また大がまの中の肉切れのように、切れ切れに裂く。
4 それで、彼らが主に叫んでも、主は彼らに答えない。
その時、主は彼らから顔を隠される。
彼らの行いが悪いからだ。

5 預言者たちについて、主はこう仰せられる。
彼らはわたしの民を惑わせ、歯でかむ物があれば、「平和があるように」と叫ぶが、彼らの口に何も与えない者には、聖戦を宣言する。
6 それゆえ、夜になっても、あなたがたには幻がなく、暗やみになっても、あなたがたには占いがない。
太陽も預言者たちの上に沈み、昼も彼らの上で暗くなる。
7 先見者たちは恥を見、占い師たちははずかしめを受ける。
彼らはみな、口ひげをおおう。
神の答えがないからだ。
8 しかし、私は、力と、主の霊と、公義と、勇気とに満ち、ヤコブにはそのそむきの罪を、イスラエルにはその罪を告げよう。

9 これを聞け。ヤコブの家のかしらたち、イスラエルの家の首領たち。
あなたがたは公義を忌みきらい、あらゆる正しいことを曲げている。
10 血を流してシオンを建て、不正を行ってエルサレムを建てている。
11 そのかしらたちはわいろを取ってさばき、その祭司たちは代金を取って教え、その預言者たちは金を取って占いをする。
しかもなお、彼らは主に寄りかかって、「主は私たちの中におられるではないか。
わざわいは私たちの上にかかって来ない」
と言う。
12 それゆえ、シオンは、あなたがたのために、畑のように耕され、エルサレムは廃墟となり、この宮の山は森の丘となる。

4章
1 終わりの日に、主の家の山は、山々の頂に堅く立ち、丘々よりもそびえ立ち、国々の民はそこに流れて来る。
2 多くの異邦の民が来て言う。
「さあ、主の山、ヤコブの神の家に上ろう。
主はご自分の道を、私たちに教えてくださる。
私たちはその小道を歩もう。」
それは、シオンからみおしえが出、エルサレムから主のことばが出るからだ。
3 主は多くの国々の民の間をさばき、遠く離れた強い国々に、判決を下す。
彼らはその剣を鋤に、その槍をかまに打ち直し、国は国に向かって剣を上げず、二度と戦いのことを習わない。
4 彼らはみな、おのおの自分のぶどうの木の下や、いちじくの木の下にすわり、彼らを脅かす者はいない。
まことに、万軍の主の御口が告げられる。
5 まことに、すべての国々の民は、おのおの自分の神の名によって歩む。
しかし、私たちは、世々限りなく、私たちの神、主の御名によって歩もう。

6 その日、――主の御告げ――
わたしは足のなえた者を集め、追いやられた者、また、わたしが苦しめた者を寄せ集める。
7 わたしは足のなえた者を、残りの者とし、遠くへ移された者を、強い国民とする。
主はシオンの山で、今よりとこしえまで、彼らの王となる。
8 羊の群れのやぐら、シオンの娘の丘よ。
あなたに、以前の主権、エルサレムの娘の王国が帰って来る。

9 なぜ、あなたは今、大声で泣き叫ぶのか。
あなたのうちに王がいないのか。
あなたの議官は滅びうせたのか。
子を産む女のような苦痛が
あなたを捕らえたのか。
10 シオンの娘よ。子を産む女のように、身もだえし、もがき回れ。
今、あなたは町を出て、野に宿り、バビロンまで行く。
そこであなたは救われる。
そこで主はあなたを敵の手から贖われる。
11 今、多くの異邦の民があなたを攻めに集まり、そして言う。
「シオンが犯されるのをこの目で見よう」と。
12 しかし彼らは主の御計らいを知らず、そのはかりごとを悟らない。
主が彼らを打ち場の麦束のように
集められたことを。
13 シオンの娘よ。立って麦を打て。
わたしはあなたの角を鉄とし、あなたのひづめを青銅とする。
あなたは多くの国々の民を粉々に砕き、彼らの利得を主にささげ、彼らの財宝を全地の主にささげる。

5章
1 今、軍隊の娘よ。勢ぞろいせよ。
とりでが私たちに対して設けられ、彼らは、イスラエルのさばきつかさの頬を
杖で打つ。

2 ベツレヘム・エフラテよ。
あなたはユダの氏族の中で最も小さいものだが、あなたのうちから、わたしのために、イスラエルの支配者になる者が出る。
その出ることは、昔から、永遠の昔からの定めである。
3 それゆえ、産婦が子を産む時まで、彼らはそのままにしておかれる。
彼の兄弟のほかの者は
イスラエルの子らのもとに帰るようになる。
4 彼は立って、主の力と、彼の神、主の御名の威光によって群れを飼い、彼らは安らかに住まう。
今や、彼の威力が地の果てまで及ぶからだ。
5 平和は次のようにして来る。
アッシリヤが私たちの国に来て、私たちの宮殿を踏みにじるとき、私たちはこれに対して
七人の牧者と八人の指導者を立てる。
6 彼らはアッシリヤの地を剣で、ニムロデの地を抜き身の剣で飼いならす。
アッシリヤが私たちの国に来、私たちの領土に踏み込んで来たとき、彼は、私たちをアッシリヤから救う。

7 そのとき、ヤコブの残りの者は、多くの国々の民のただ中で、主から降りる露、青草に降り注ぐ夕立のようだ。
彼らは人に望みをおかず、人の子らに期待をかけない。
8 ヤコブの残りの者は異邦の民の中、多くの国々の民のただ中で、森の獣の中の獅子、羊の群れの中の若い獅子のようだ。
通り過ぎては踏みにじり、引き裂いては、一つも、のがさない。
9 あなたの手を仇に向けて上げると、あなたの敵はみな、断ち滅ぼされる。

10 その日、――主の御告げ――
わたしは、あなたのただ中から、あなたの馬を断ち滅ぼし、あなたの戦車を打ちこわし、
11 あなたの国の町々を断ち滅ぼし、要塞をみなくつがえす。
12 わたしはあなたの手から呪術師を断ち、占い師をあなたのところからなくする。
13 わたしは、あなたのただ中から、刻んだ像と石の柱を断ち滅ぼす。
あなたはもう、自分の手の造った物を拝まない。
14 わたしは、あなたのアシェラ像を
あなたのただ中から根こぎにし、あなたの町々を滅ぼし尽くす。
15 わたしは怒りと憤りをもって、わたしに聞き従わなかった国々に復讐する。

6章
1 さあ、主の言われることを聞け。
立ち上がって、山々に訴え、丘々にあなたの声を聞かせよ。
2 山々よ。聞け。主の訴えを。
地の変わることのない基よ。
主はその民を訴え、イスラエルと討論される。

3 わたしの民よ。
わたしはあなたに何をしたか。
どのようにしてあなたを煩わせたか。
わたしに答えよ。
4 わたしはあなたをエジプトの地から上らせ、奴隷の家からあなたを買い戻し、あなたの前にモーセと、アロンと、ミリヤムを送った。
5 わたしの民よ。思い起こせ。
モアブの王バラクが何をたくらんだか。
ベオルの子バラムが彼に何と答えたか。
シティムからギルガルまでに何があったか。
それは主の正しいみわざを知るためであった。

6 私は何をもって主の前に進み行き、いと高き神の前にひれ伏そうか。
全焼のいけにえ、一歳の子牛をもって
御前に進み行くべきだろうか。
7 主は幾千の雄羊、幾万の油を喜ばれるだろうか。
私の犯したそむきの罪のために、私の長子をささげるべきだろうか。
私のたましいの罪のために、私に生まれた子をささげるべきだろうか。
8 主はあなたに告げられた。
人よ。何が良いことなのか。
主は何をあなたに求めておられるのか。
それは、ただ公義を行い、誠実を愛し、へりくだって
あなたの神とともに歩むことではないか。

9 聞け。主が町に向かって叫ばれる。
――御名を恐れることがすぐれた知性だ――
聞け。部族、町を治める者。
10 まだ、悪者の家には、不正の財宝と、のろわれた枡目不足の枡があるではないか。
11 不正なはかりと、欺きの重り石の袋を使っている者を
罪なしとすることがわたしにできようか。
12 富む者たちは暴虐に満ち、住民は偽りを言う。
彼らの口の中の舌は欺く。
13 わたしもそこで、あなたを打って痛め、あなたの罪のために荒れ果てさせる。
14 あなたは食べても満ち足りず、あなたの腹は飢える。
あなたは、移しても、のがすことはできない。
あなたがのがした者は、わたしが剣に渡す。
15 あなたは種を蒔いても、刈ることがなく、オリーブをしぼっても、油を身に塗ることがない。
新しいぶどう酒を造っても、ぶどう酒を飲むことができない。
16 あなたがたはオムリのおきてと、アハブの家のすべてのならわしを守り、彼らのはかりごとに従って歩んだ。
それは、わたしがあなたを荒れ果てさせ、住民をあざけりとするためだ。
あなたがたは、国々の民のそしりを負わなければならない。

7章
1 ああ、悲しいことだ。
私は夏のくだものを集める者のよう、ぶどうの取り残しの実を
取り入れる者のようになった。
もう食べられるふさは一つもなく、私の好きな初なりのいちじくの実もない。
2 敬虔な者はこの地から消えうせ、人の間に、正しい者はひとりもいない。
みな血を流そうと待ち伏せし、互いに網をかけ合って捕らえようとする。
3 彼らの手は悪事を働くのに巧みで、役人は物を求め、さばきつかさは報酬に応じてさばき、有力者は自分の欲するままを語り、こうして事を曲げている。
4 彼らのうちの善人もいばらのようだ。
正しい者もいばらの生け垣のようだ。
あなたの刑罰の日が、あなたを見張る者の日が来る。
今、彼らに混乱が起きる。
5 友を信用するな。
親しい友をも信頼するな。
あなたのふところに寝る者にも、あなたの口の戸を守れ。
6 息子は父親を侮り、娘は母親に、嫁はしゅうとめに逆らい、それぞれ自分の家の者を敵としている。
7 しかし、私は主を仰ぎ見、私の救いの神を待ち望む。
私の神は私の願いを聞いてくださる。

8 私の敵。私のことで喜ぶな。
私は倒れても起き上がり、やみの中にすわっていても、主が私の光であるからだ。
9 私は主の激しい怒りを身に受けている。
私が主に罪を犯したからだ。
しかし、それは、主が私の訴えを取り上げ、私を正しくさばいてくださるまでだ。
主は私を光に連れ出し、私はその義を見ることができる。
10 それで、私に向かい、「あなたの神、主は、どこにいるのか。」
と言った私の敵は、これを見て恥に包まれる。
私もこの目で敵をながめる。
今、敵は道の泥のように踏みにじられる。

11 あなたの石垣を建て直す日、その日、国境が広げられる。
12 その日、アッシリヤからエジプトまで、エジプトから大川まで、海から海まで、山から山まで、人々はあなたのところに来る。
13 しかし、その地は荒れ果てる。
そこに住んでいた者たちのゆえに。
これが彼らの行いの結んだ実である。

14 どうか、あなたの杖で、あなたの民、あなたご自身のものである羊を飼ってください。
彼らは林の中、果樹園の中に、ひとり離れて住んでいます。
彼らが昔の日のように、バシャンとギルアデで
草をはむようにしてください。

15 「あなたがエジプトの国から出た日のように、わたしは奇しいわざを彼に見せよう。」

16 異邦の民も見て、自分たちのすべての力を恥じ、手を口に当て、彼らの耳は聞こえなくなりましょう。
17 彼らは、蛇のように、地をはうもののように、ちりをなめ、震えながら彼らのとりでから、私たちの神、主のみもとに出て来て、わなないて、あなたを恐れましょう。

18 あなたのような神が、ほかにあるでしょうか。
あなたは、咎を赦し、ご自分のものである残りの者のために、そむきの罪を見過ごされ、怒りをいつまでも持ち続けず、いつくしみを喜ばれるからです。
19 もう一度、私たちをあわれみ、私たちの咎を踏みつけて、すべての罪を海の深みに投げ入れてください。
20 昔、私たちの先祖に誓われたように、真実をヤコブに、いつくしみをアブラハムに与えてください。