哀歌

1章
1 ああ、人の群がっていたこの町は、ひとり寂しくすわっている。
国々の中で大いなる者であったのに、やもめのようになった。
諸州のうちの女王は、苦役に服した。
2 彼女は泣きながら夜を過ごし、涙は頬を伝っている。
彼女の愛する者は、だれも慰めてくれない。
その友もみな彼女を裏切り、彼女の敵となってしまった。
3 ユダは悩みと多くの労役のうちに
捕らえ移された。
彼女は異邦の民の中に住み、いこうこともできない。
苦しみのうちにあるときに、彼女に追い迫る者たちがみな、彼女に追いついた。
4 シオンへの道は喪に服し、だれも例祭に行かない。
その門はみな荒れ果て、その祭司たちはうめき、おとめたちは憂いに沈んでいる。
シオンは苦しんでいる。
5 彼女の仇がかしらとなり、彼女の敵が栄えている。
彼女の多くのそむきの罪のために、主が彼女を悩ましたのだ。
彼女の幼子たちも、仇によって
とりことなって行った。
6 シオンの娘からは、すべての輝きがなくなり、首長たちは、牧場のない鹿のようになって、追う者の前を力なく歩む。
7 エルサレムは、悩みとさすらいの日にあたって、昔から持っていた自分のすべての宝を思い出す。
その民が仇の手によって倒れ、だれも彼女を助ける者がないとき、仇はその破滅を見てあざ笑う。
8 エルサレムは罪に罪を重ねて、汚らわしいものとなった。
彼女を尊んだ者たちもみな、その裸を見て、これを卑しめる。
彼女もうめいてたじろいだ。
9 彼女の汚れはすそにまでついている。
彼女は自分の末路を思わなかった。
それで、驚くほど落ちぶれて、だれも慰める者がない。
「主よ。私の悩みを顧みてください。
敵は勝ち誇っています。」

10 仇が彼女の宝としているものすべてに
手を伸ばしました。
異邦の民が、その聖所に入ったのを
彼女は見ました。
あなたの集団に加わってはならないと、あなたがかつて命じられたものが。
11 彼女の民はみなうめき、食べ物を捜しています。
気力を取り戻そうとして、自分の宝としているものを食物に代えています。
「主よ。私が、卑しい女になり果てたのを
よく見てください。」

12 道行くみなの人よ。よく見よ。
主が燃える怒りの日に私を悩まし、私をひどいめに会わされた
このような痛みがほかにあるかどうかを。
13 主は高い所から火を送り、私の骨の中にまで送り込まれた。
私の足もとに網を張り、私をうしろにのけぞらせ、私を荒れすさんだ女、終日、病んでいる女とされた。
14 私のそむきの罪のくびきは重く、主の御手で、私の首に結びつけられた。
主は、私の力をくじき、私を、彼らの手にゆだね、もう立ち上がれないようにされた。
15 主は、私のうちにいたつわものをみな追い払い、一つの群れを呼び集めて、私を攻め、私の若い男たちを滅ぼされた。
主は、酒ぶねを踏むように、おとめユダの娘を踏みつぶされた。
16 このことで、私は泣いている。
私の目、この目から涙があふれる。
私を元気づけて慰めてくれる者が、私から遠ざかったからだ。
敵に打ち負かされて、私の子らは荒れすさんでいる。
17 シオンが手を差し出しても、これを慰める者はない。
主は仇に命じて、四方からヤコブを攻めさせた。
エルサレムは彼らの間で、汚らわしいものとなった。

18 主は正義を行われる。
しかし、私は主の命令に逆らった。
だが、すべての国々の民よ、聞け。
私の痛みを見よ。
私の若い女たちも、若い男たちも、とりことなって行った。
19 私は愛する者たちを呼んだのに、彼らは私を欺いた。
私の祭司も長老たちも、町の中で息絶えた。
気力を取り戻そうとして、自分の食物を捜していたときに。

20 「主よ。ご覧ください。
私は苦しみ、私のはらわたは煮え返り、私の心は私のうちで転倒しています。
私が逆らい続けたからです。
外では剣が子を奪い、家の中は死のようです。
21 彼らは私のため息を聞いても、だれも私を慰めてくれません。
私の敵はみな、私のわざわいを聞いて、喜びました。
あなたが、そうなさったからです。
あなたが、かつて告げられた日を来させてください。
そうすれば、彼らも私と同じようになるでしょう。
22 彼らのすべての悪を、御前に出させ、あなたが、私のすべてのそむきの罪に対して、報い返されたように、彼らにも報い返してください。
私のため息は大きく、私の心は痛みます。」

2章
1 ああ、主はシオンの娘を
御怒りで曇らせ、イスラエルの栄えを天から地に投げ落とし、御怒りの日に、ご自分の足台を思い出されなかった。
2 主は、ヤコブのすべての住まいを、容赦なく滅ぼし、ユダの娘の要塞を、憤って打ちこわし、王国とその首長たちを、地に打ちつけて汚された。
3 燃える怒りをもって、イスラエルのすべての角を折り、敵の前で、右の手を引き戻し、あたりを焼き尽くす燃える火で、ヤコブを焼かれた。
4 主は敵のように、弓を張り、右の手でしっかり構え、仇のように、いとしい者たちのすべてを虐殺し、シオンの娘の天幕に
火のように憤りを注がれた。
5 主は、敵のようになって、イスラエルを滅ぼし、そのすべての宮殿を滅ぼし、その要塞を荒れすたらせて、ユダの娘の中にうめきと嘆きをふやされた。
6 主は、畑の仮小屋のように、ご自分の幕屋を投げ捨てて、例祭の場所を荒れすたらせた。
主はシオンでの例祭と安息日とを忘れさせ、激しい憤りで、王と祭司を退けられた。
7 主は、その祭壇を拒み、聖所を汚し、その宮殿の城壁を敵の手に渡された。
すると、例祭の日のように、彼らは、主の宮でほえたけった。
8 主は、シオンの娘の城壁を荒れすたらせようと決め、測りなわでこれを測り、これを滅ぼして手を引かれなかった。
塁と城壁は悲しみ嘆き、これらは共にくずれ落ちた。
9 その城門も地にめり込み、主はそのかんぬきを打ちこわし、打ち砕いた。
その王も首長たちも異邦人の中にあり、もう律法はない。
預言者にも、主からの幻がない。
10 シオンの娘の長老たちは、地にすわって黙りこみ、頭にはちりをまき散らし、身には荒布をまとった。
エルサレムのおとめたちは、その頭を地に垂れた。

11 私の目は涙でつぶれ、私のはらわたは煮え返り、私の肝は、私の民の娘の傷を見て、地に注ぎ出された。
幼子や乳飲み子が都の広場で衰え果てている。
12 彼らは母親に、穀物とぶどう酒はどこにあるのか、と言い続け、町の広場で傷つけられて衰え果てた者のように、母のふところで息も絶えようとしている。

13 エルサレムの娘よ。
私はあなたを何にたとえ、あなたを何になぞらえよう。
おとめ、シオンの娘よ。
私は何にあなたを比べて、あなたを慰めることができよう。
あなたの傷は海のように大きい。
だれがあなたをいやすことができよう。
14 あなたの預言者たちは、あなたのために、むなしい、ごまかしばかりを預言して、あなたの繁栄を元どおりにするために、あなたの咎をあばこうともせず、あなたのために、むなしい、人を惑わすことばを預言した。
15 道行く人はみな、あなたに向かって手を打ち鳴らし、エルサレムの娘をあざけって頭を振り、「これが、美のきわみと言われた町、全地の喜びの町であったのか」と言う。
16 あなたの敵はみな、あなたに向かって大きく口を開いて、あざけり、歯ぎしりして言う。
「われわれはこれを滅ぼした。
ああ、これこそ、われわれの待ち望んでいた日。
われわれはこれに巡り会い、じかに見た」と。

17 主は企てたことを行い、昔から告げておいたみことばを成し遂げられた。
滅ぼして、容赦せず、あなたのことで敵を喜ばせ、あなたの仇の角を高く上げられた。
18 彼らは主に向かって心の底から叫んだ。
シオンの娘の城壁よ。
昼も夜も、川のように涙を流せ。
ぼんやりしてはならない。
目を閉じてはならない。
19 夜の間、夜の見張りが立つころから、立って大声で叫び、あなたの心を水のように、主の前に注ぎ出せ。
主に向かって手を差し上げ、あなたの幼子たちのために祈れ。
彼らは、あらゆる街頭で、飢えのために弱り果てている。

20 「主よ。ご覧ください。顧みてください。
あなたはだれに
このようなしうちをされたでしょうか。
女が、自分の産んだ子、養い育てた幼子を
食べてよいでしょうか。
主の聖所で、祭司や預言者が
虐殺されてよいでしょうか。
21 幼い者も年寄りも道ばたで地に横たわり、私の若い女たちも若い男たちも剣に倒れました。
あなたは御怒りの日に虐殺し、彼らを容赦なくほふりました。
22 あなたは、例祭の日のように、私の恐れる者たちを、四方から呼び集めました。
主の御怒りの日に、のがれた者も生き残った者もいませんでした。
私が養い育てた者を、私の敵は絶ち滅ぼしてしまいました。」

3章
1 私は主の激しい怒りのむちを受けて
悩みに会った者。
2 主は私を連れ去って、光のないやみを歩ませ、
3 御手をもって一日中、くり返して私を攻めた。
4 主は私の肉と皮とをすり減らし、骨を砕き、
5 苦味と苦難で私を取り囲んだ。
6 ずっと前に死んだ者のように、私を暗い所に住まわせた。
7 主は私を囲いに入れて、出られないようにし、私の青銅の足かせを重くした。
8 私が助けを求めて叫んでも、主は私の祈りを聞き入れず、
9 私の道を切り石で囲み、私の通り道をふさいだ。
10 主は、私にとっては、待ち伏せしている熊、隠れている獅子。
11 主は、私の道をかき乱し、私を耕さず、私を荒れすたれさせた。
12 主は弓を張り、私を矢の的のようにし、
13 矢筒の矢を、私の腎臓に射込んだ。
14 私は、私の民全体の物笑いとなり、一日中、彼らのあざけりの歌となった。
15 主は私を苦味で飽き足らせ、苦よもぎで私を酔わせ、
16 私の歯を小石で砕き、灰の中に私をすくませた。
17 私のたましいは平安から遠のき、私はしあわせを忘れてしまった。
18 私は言った。
「私の誉れと、主から受けた望みは消えうせた」と。

19 私の悩みとさすらいの思い出は、苦よもぎと苦味だけ。
20 私のたましいは、ただこれを思い出しては沈む。
21 私はこれを思い返す。
それゆえ、私は待ち望む。

22 私たちが滅びうせなかったのは、主の恵みによる。
主のあわれみは尽きないからだ。
23 それは朝ごとに新しい。
「あなたの真実は力強い。
24 主こそ、私の受ける分です」と
私のたましいは言う。
それゆえ、私は主を待ち望む。

25 主はいつくしみ深い。
主を待ち望む者、主を求めるたましいに。
26 主の救いを黙って待つのは良い。
27 人が、若い時に、くびきを負うのは良い。
28 それを負わされたなら、ひとり黙ってすわっているがよい。
29 口をちりにつけよ。
もしや希望があるかもしれない。
30 自分を打つ者に頬を与え、十分そしりを受けよ。
31 主は、いつまでも見放してはおられない。
32 たとい悩みを受けても、主は、その豊かな恵みによって、あわれんでくださる。
33 主は人の子らを、ただ苦しめ悩まそうとは、思っておられない。
34 地上のすべての捕らわれ人を足の下に踏みにじり、
35 人の権利を、いと高き方の前で曲げ、
36 人がそのさばきをゆがめることを、主は見ておられないだろうか。
37 主が命じたのでなければ、だれがこのようなことを語り、このようなことを起こしえようか。
38 わざわいも幸いも、いと高き方の御口から出るのではないか。
39 生きている人間は、なぜつぶやくのか。
自分自身の罪のためにか。

40 私たちの道を尋ね調べて、主のみもとに立ち返ろう。
41 私たちの手をも心をも
天におられる神に向けて上げよう。
42 「私たちはそむいて逆らいました。
あなたは私たちを赦してくださいませんでした。
43 あなたは、御怒りを身にまとい、私たちを追い、容赦なく殺されました。
44 あなたは雲を身にまとい、私たちの祈りをさえぎり、
45 私たちを国々の民の間で、あくたとし、いとわれる者とされました。」

46 私たちの敵はみな、私たちに向かって口を大きく開き、
47 恐れと穴、荒廃と破滅が私たちのものになった。
48 私の民の娘の破滅のために、私の目から涙が川のように流れ、
49 私の目は絶えず涙を流して、やむことなく、
50 主が天から見おろして、顧みてくださる時まで続く。
51 私の目は私の町のすべての娘を見て、この心を苦しめる。
52 わけもないのに、私の敵となった者たちは、鳥をねらうように、私をつけねらった。
53 彼らは私を穴に入れて殺そうとし、私の上に石を投げつけた。
54 水は私の頭の上にあふれ、私は「もう絶望だ」と言った。

55 「主よ。私は深い穴から御名を呼びました。
56 あなたは私の声を聞かれました。
救いを求める私の叫びに
耳を閉じないでください。
57 私があなたに呼ばわるとき、あなたは近づいて、『恐れるな』と仰せられました。
58 主よ。あなたは、私のたましいの訴えを弁護して、私のいのちを贖ってくださいました。
59 主よ。あなたは、私がしいたげられるのをご覧になりました。
どうか、私の訴えを正しくさばいてください。
60 あなたは、私に対する彼らの復讐と、たくらみとをことごとくご覧になりました。
61 主よ。あなたは、私に対する彼らのそしりと
すべてのたくらみとを聞かれました。
62 私の敵のくちびると彼らのつぶやきが、一日中、私に向けられています。
63 彼らの起き伏しに目を留めてください。
私は彼らのからかいの歌となっています。
64 主よ。彼らの手のわざに応じて、彼らに報復し、
65 横着な心を彼らに与え、彼らに、あなたののろいを下してください。
66 主よ。御怒りをもって彼らを追い、天の下から彼らを根絶やしにしてください。」

4章
1 ああ、金は曇り、美しい黄金は色を変え、聖なる石は、あらゆる道ばたに投げ出されている。
2 純金で値踏みされる高価なシオンの子らは、ああ、陶器師の手で作られた土のつぼのように
みなされている。
3 ジャッカルさえも乳房をあらわし、その子に乳を飲ませるのに、私の民の娘は、荒野のだちょうのように無慈悲になった。
4 乳飲み子の舌は渇いて上あごにつき、幼子たちがパンを求めても、それを裂いて彼らにやる者もない。
5 ごちそうを食べていた者は道ばたでしおれ、紅の衣で育てられた者は、堆肥をかき集めるようになった。
6 私の民の娘の咎は、人手によらず、たちまちくつがえされた
ソドムの罪より大きい。
7 そのナジル人は雪よりもきよく、乳よりも白かった。
そのからだは、紅真珠より赤く、その姿はサファイヤのようであった。
8 しかし、彼らの顔は、すすよりも黒くなり、道ばたでも見分けがつかない。
彼らの皮膚は干からびて骨につき、かわいて枯れ木のようになった。
9 剣で殺される者は、飢え死にする者よりも、しあわせであった。
彼らは、畑の実りがないので、やせ衰えて死んで行く。
10 私の民の娘の破滅のとき、あわれみ深い女たちさえ、自分の手で自分の子どもを煮て、自分たちの食物とした。
11 主は憤りを尽くして燃える怒りを注ぎ出し、シオンに火をつけられたので、火はその礎までも焼き尽くした。
12 地の王たちも、世に住むすべての者も、仇や敵がエルサレムの門に、入って来ようとは信じなかった。

13 これはその預言者たちの罪、祭司たちの咎のためである。
彼らがその町のただ中で、正しい人の血を流したからだ。
14 彼らは血に汚れ、盲人のようにちまたをさまよい、だれも彼らの着物に触れようとしなかった。
15 「あっちへ行け。汚れた者」と
人々は彼らに叫ぶ。
「あっちへ行け。あっちへ行け。さわるな。」
彼らは、立ち去って、なおもさまよい歩く。
諸国の民の中で人々は言う。
「彼らはもう立ち寄ってはならない。」
16 主ご自身も彼らを散らし、もう彼らに目を留めなかった。
祭司たちも尊ばれず、長老たちも敬われなかった。
17 それに、私たちの目は、衰え果てた。
助けを求めたが、むなしかった。
私たちは見張り所で、見張った。
救いをもたらさない国の来るのを。
18 私たちの歩みはつけねらわれて、私たちは広場を歩くことができなかった。
私たちの終わりは近づいた。
私たちの日は満ちた。
私たちの終わりが来たからだ。
19 私たちを追う者は、大空の鷲よりも速く、山々の上まで追い迫り、荒野で私たちを待ち伏せた。
20 私たちの鼻の息である者、主に油そそがれた者までも、彼らの落とし穴で捕らえられた。
「この者のおかげで、諸国の民の中でも
私たちは生きのびる」と
私たちが言った者なのに。

21 ウツの地に住むエドムの娘よ。楽しみ喜べ。
だが、あなたにも杯は巡って来る。
あなたも酔って裸になる。
22 シオンの娘。あなたの刑罰は果たされた。
主はもう、あなたを捕らえ移さない。
エドムの娘。主はあなたの咎を罰する。
主はあなたの不義をあばく。

5章
1 主よ。私たちに起こったことを思い出してください。
私たちのそしりに目を留めてください。
顧みてください。
2 私たちの相続地は他国人の手に渡り、私たちの家もよそ者の手に渡りました。
3 私たちは父親のないみなしごとなり、私たちの母はやもめになりました。
4 私たちは自分たちの水を、金を払って飲み、自分たちのたきぎも、代価を払って
手に入れなければなりません。
5 私たちはくびきを負って、追い立てられ、疲れ果てても、休むことができません。
6 私たちは足りるだけの食物を得ようと、エジプトやアッシリヤに手を伸ばしました。
7 私たちの先祖は罪を犯しました。
彼らはもういません。
彼らの咎を私たちが背負いました。
8 奴隷たちが私たちを支配し、だれも彼らの手から
私たちを救い出してくれません。
9 私たちは、荒野に剣があるために、いのちがけで自分の食物を得なければなりません。
10 私たちの皮膚は、飢えの苦痛のために、かまどのように熱くなりました。
11 女たちはシオンで、おとめたちはユダの町々で、はずかしめられました。
12 首長たちは彼らの手でつるされ、長老たちも尊ばれませんでした。
13 若い男たちはひき臼をひかされ、幼い者たちはたきぎを背負ってよろめき、
14 年寄りたちは、城門に集まるのをやめ、若い男たちは、楽器を鳴らすのをやめました。
15 私たちの心から、喜びは消え、踊りは喪に変わり、
16 私たちの頭から冠も落ちました。
ああ、私たちにわざわいあれ。
私たちが罪を犯したからです。
17 私たちの心が病んでいるのはこのためです。
私たちの目が暗くなったのもこのためです。
18 シオンの山は荒れ果て、狐がそこを歩き回っているからです。

19 しかし、主よ。
あなたはとこしえに御座に着き、あなたの御座は代々に続きます。
20 なぜ、いつまでも、私たちを忘れておられるのですか。
私たちを長い間、捨てられるのですか。
21 主よ。あなたのみもとに帰らせてください。
私たちは帰りたいのです。
私たちの日を昔のように新しくしてください。
22 それとも、あなたはほんとうに、私たちを退けられるのですか。
きわみまで私たちを怒られるのですか。