箴言

1章
1 イスラエルの王、ダビデの子、ソロモンの箴言。
2 これは、知恵と訓戒とを学び、悟りのことばを理解するためであり、
3 正義と公義と公正と、思慮ある訓戒を体得するためであり、
4 わきまえのない者に分別を与え、若い者に知識と思慮を得させるためである。
5 知恵のある者はこれを聞いて理解を深め、悟りのある者は指導を得る。
6 これは箴言と、比喩と、知恵のある者のことばと、そのなぞとを
理解するためである。

7 主を恐れることは知識の初めである。
愚か者は知恵と訓戒をさげすむ。
8 わが子よ。あなたの父の訓戒に聞き従え。
あなたの母の教えを捨ててはならない。
9 それらは、あなたの頭の麗しい花輪、あなたの首飾りである。
10 わが子よ。罪人たちがあなたを惑わしても、彼らに従ってはならない。
11 もしも、彼らがこう言っても。「いっしょに来い。
われわれは人の血を流すために待ち伏せし、罪のない者を、理由もなく、こっそりねらい、
12 よみのように、彼らを生きたままで、のみこみ、墓に下る者のように、彼らをそのまま丸のみにしよう。
13 あらゆる宝物を見つけ出し、分捕り物で、われわれの家を満たそう。
14 おまえも、われわれの間でくじを引き、われわれみなで一つの財布を持とう。」
15 わが子よ。
彼らといっしょに道を歩いてはならない。
あなたの足を
彼らの通り道に踏み入れてはならない。
16 彼らの足は悪に走り、血を流そうと急いでいるからだ。
17 鳥がみな見ているところで、網を張っても、むだなことだ。
18 彼らは待ち伏せして自分の血を流し、自分のいのちを、こっそり、ねらっているのにすぎない。
19 利得をむさぼる者の道はすべてこのようだ。
こうして、持ち主のいのちを取り去ってしまう。

20 知恵は、ちまたで大声で叫び、広場でその声をあげ、
21 騒がしい町かどで叫び、町の門の入口で語りかけて言う。
22 「わきまえのない者たち。
あなたがたは、いつまで、わきまえのないことを好むのか。
あざける者は、いつまで、あざけりを楽しみ、愚かな者は、いつまで、知識を憎むのか。
23 わたしの叱責に心を留めるなら、今すぐ、あなたがたにわたしの霊を注ぎ、あなたがたにわたしのことばを知らせよう。
24 わたしが呼んだのに、あなたがたは拒んだ。
わたしは手を伸べたが、顧みる者はない。
25 あなたがたはわたしのすべての忠告を無視し、わたしの叱責を受け入れなかった。
26 それで、わたしも、あなたがたが災難に会うときに笑い、あなたがたを恐怖が襲うとき、あざけろう。
27 恐怖があらしのようにあなたがたを襲うとき、災難がつむじ風のようにあなたがたを襲うとき、苦難と苦悩があなたがたの上に下るとき、
28 そのとき、彼らはわたしを呼ぶが、わたしは答えない。
わたしを捜し求めるが、彼らはわたしを見つけることができない。
29 なぜなら、彼らは知識を憎み、主を恐れることを選ばず、
30 わたしの忠告を好まず、わたしの叱責を、ことごとく侮ったからである。
31 それで、彼らは自分の行いの実を食らい、自分のたくらみに飽きるであろう。
32 わきまえのない者の背信は自分を殺し、愚かな者の安心は自分を滅ぼす。
33 しかし、わたしに聞き従う者は、安全に住まい、わざわいを恐れることもなく、安らかである。」

2章
1 わが子よ。もしあなたが、私のことばを受け入れ、私の命令をあなたのうちにたくわえ、
2 あなたの耳を知恵に傾け、あなたの心を英知に向けるなら、
3 もしあなたが悟りを呼び求め、英知を求めて声をあげ、
4 銀のように、これを捜し、隠された宝のように、これを探り出すなら、
5 そのとき、あなたは、主を恐れることを悟り、神の知識を見いだそう。
6 主が知恵を与え、御口を通して知識と英知を与えられるからだ。
7 彼は正しい者のために、すぐれた知性をたくわえ、正しく歩む者の盾となり、
8 公義の小道を保ち、その聖徒たちの道を守る。
9 そのとき、あなたは正義と公義と公正と、すべての良い道筋を悟る。
10 知恵があなたの心に入り、知識があなたのたましいを楽しませるからだ。
11 思慮があなたを守り、英知があなたを保って、
12 悪の道からあなたを救い出し、ねじれごとを言う者からあなたを救い出す。
13 彼らはまっすぐな道を捨て、やみの道に歩み、
14 悪を行うことを喜び、悪いねじれごとを楽しむ。
15 彼らの道は曲がり、その道筋は曲がりくねっている。
16 あなたは、他人の妻から身を避けよ。
ことばのなめらかな、見知らぬ女から。
17 彼女は若いころの連れ合いを捨て、その神との契約を忘れている。
18 彼女の家は死に下り、その道筋はやみにつながる。
19 彼女のもとへ行く者はだれも帰って来ない。
いのちの道に至らない。
20 だから、あなたは良い人々の道に歩み、正しい人々の道を守るがよい。
21 正直な人は地に住みつき、潔白な人は地に生き残る。
22 しかし、悪者どもは地から絶やされ、裏切り者は地から根こぎにされる。

3章
1 わが子よ。私のおしえを忘れるな。
私の命令を心に留めよ。
2 そうすれば、あなたに長い日と、いのちの年と平安が増し加えられる。
3 恵みとまことを捨ててはならない。
それをあなたの首に結び、あなたの心の板に書きしるせ。
4 神と人との前に
好意と聡明を得よ。
5 心を尽くして主に拠り頼め。
自分の悟りにたよるな。
6 あなたの行く所どこにおいても、主を認めよ。
そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。
7 自分を知恵のある者と思うな。
主を恐れて、悪から離れよ。
8 それはあなたのからだを健康にし、あなたの骨に元気をつける。
9 あなたの財産とすべての収穫の初物で、主をあがめよ。
10 そうすれば、あなたの倉は豊かに満たされ、あなたの酒ぶねは新しいぶどう酒であふれる。

11 わが子よ。主の懲らしめをないがしろにするな。
その叱責をいとうな。
12 父がかわいがる子をしかるように、主は愛する者をしかる。

13 幸いなことよ。知恵を見いだす人、英知をいただく人は。
14 それの儲けは銀の儲けにまさり、その収穫は黄金にまさるからだ。
15 知恵は真珠よりも尊く、あなたの望むどんなものも、これとは比べられない。
16 その右の手には長寿があり、その左の手には富と誉れがある。
17 その道は楽しい道であり、その通り道はみな平安である。
18 知恵は、これを堅く握る者には
いのちの木である。
これをつかんでいる者は幸いである。
19 主は知恵をもって地の基を定め、英知をもって天を堅く立てられた。
20 深淵はその知識によって張り裂け、雲は露を注ぐ。

21 わが子よ。すぐれた知性と思慮とをよく見張り、これらを見失うな。
22 それらは、あなたのたましいのいのちとなり、あなたの首の麗しさとなる。
23 こうして、あなたは安らかに自分の道を歩み、あなたの足はつまずかない。
24 あなたが横たわるとき、あなたに恐れはない。
休むとき、眠りは、ここちよい。
25 にわかに起こる恐怖におびえるな。
悪者どもが襲いかかってもおびえるな。
26 主があなたのわきにおられ、あなたの足がわなにかからないように、守ってくださるからだ。

27 あなたの手に善を行う力があるとき、求める者に、それを拒むな。
28 あなたに財産があるとき、あなたの隣人に向かい、「去って、また来なさい。
あす、あげよう」と言うな。
29 あなたの隣人が、あなたのそばで
安心して住んでいるとき、その人に、悪をたくらんではならない。
30 あなたに悪いしうちをしていないのなら、理由もなく、人と争うな。
31 暴虐の者をうらやむな。
そのすべての道を選ぶな。
32 主は、よこしまな者を忌みきらい、直ぐな者と親しくされるからだ。
33 悪者の家には、主ののろいがある。
正しい人の住まいは、主が祝福される。
34 あざける者を主はあざけり、へりくだる者には恵みを授ける。
35 知恵のある者は誉れを受け継ぎ、愚かな者は恥を得る。

4章
1 子どもらよ。父の訓戒に聞き従い、悟りを得るように心がけよ。
2 私は良い教訓をあなたがたに授けるからだ。
私のおしえを捨ててはならない。
3 私が、私の父には、子であり、私の母にとっては、おとなしいひとり子であったとき、
4 父は私を教えて言った。
「私のことばを心に留め、私の命令を守って、生きよ。
5 知恵を得よ。悟りを得よ。忘れてはならない。
私の口の授けたことばからそれてはならない。
6 知恵を捨てるな。
それがあなたを守る。
これを愛せ。これがあなたを保つ。
7 知恵の初めに、知恵を得よ。
あなたのすべての財産をかけて、悟りを得よ。
8 それを尊べ。
そうすれば、それはあなたを高めてくれる。
それを抱きしめると、それはあなたに誉れを与える。
9 それはあなたの頭に麗しい花輪を与え、光栄の冠をあなたに授けよう。」

10 わが子よ。聞け。私の言うことを受け入れよ。
そうすれば、あなたのいのちの年は多くなる。
11 私は知恵の道をあなたに教え、正しい道筋にあなたを導いた。
12 あなたが歩むとき、その歩みは妨げられず、走るときにも、つまずくことはない。
13 訓戒を堅く握って、手放すな。
それを見守れ。それはあなたのいのちだから。
14 悪者どもの道に入るな。
悪人たちの道を歩むな。
15 それを無視せよ。そこを通るな。
それを避けて通れ。
16 彼らは悪を行わなければ、眠ることができず、人をつまずかせなければ、眠りが得られない。
17 彼らは不義のパンを食べ、暴虐の酒を飲むからだ。
18 義人の道は、あけぼのの光のようだ。
いよいよ輝きを増して真昼となる。
19 悪者の道は暗やみのようだ。
彼らは何につまずくかを知らない。

20 わが子よ。私のことばをよく聞け。
私の言うことに耳を傾けよ。
21 それをあなたの目から離さず、あなたの心のうちに保て。
22 見いだす者には、それはいのちとなり、その全身を健やかにする。
23 力の限り、見張って、あなたの心を見守れ。
いのちの泉はこれからわく。
24 偽りを言う口をあなたから取り除き、曲がったことを言うくちびるを
あなたから切り離せ。
25 あなたの目は前方を見つめ、あなたのまぶたはあなたの前をまっすぐに見よ。
26 あなたの足の道筋に心を配り、あなたのすべての道を堅く定めよ。
27 右にも左にもそれてはならない。
あなたの足を悪から遠ざけよ。

5章
1 わが子よ。私の知恵に心を留め、私の英知に耳を傾けよ。
2 これは、分別を守り、あなたのくちびるが知識を保つためだ。
3 他国の女のくちびるは蜂の巣の蜜をしたたらせ、その口は油よりもなめらかだ。
4 しかし、その終わりは苦よもぎのように苦く、もろ刃の剣のように鋭い。
5 その足は死に下り、その歩みはよみに通じている。
6 その女はいのちの道に心を配らず、その道筋は確かでないが、彼女はそれを知らない。

7 子どもらよ。今、私に聞け。
私の言うことばから離れるな。
8 あなたの道を彼女から遠ざけ、その家の門に近づくな。
9 そうでないと、あなたの尊厳を他人に渡し、あなたの年を残忍な者に渡すだろう。
10 そうでないと、他国人があなたの富で満たされ、あなたの労苦の実は見知らぬ者の家に渡るだろう。
11 そして、あなたの終わりに、あなたの肉とからだが滅びるとき、あなたは嘆くだろう。
12 そのとき、あなたは言おう。
「ああ、私は訓戒を憎み、私の心は叱責を侮った。
13 私は私の教師の声に聞き従わず、私を教える者に耳を傾けなかった。
14 私は、集会、会衆のただ中で、ほとんど最悪の状態であった」と。

15 あなたの水ためから、水を飲め。
豊かな水をあなたの井戸から。
16 あなたの泉を外に散らし、通りを水路にしてよいものか。
17 それを自分だけのものにせよ。
あなたのところにいる他国人のものにするな。
18 あなたの泉を祝福されたものとし、あなたの若い時の妻と喜び楽しめ。
19 愛らしい雌鹿、いとしいかもしかよ。
その乳房がいつもあなたを酔わせ、いつも彼女の愛に夢中になれ。
20 わが子よ。あなたはどうして他国の女に夢中になり、見知らぬ女の胸を抱くのか。
21 人の道は主の目の前にあり、主はその道筋のすべてに心を配っておられる。
22 悪者は自分の咎に捕らえられ、自分の罪のなわにつながれる。
23 彼は懲らしめがないために死に、その愚かさが大きいためにあやまちを犯す。

6章
1 わが子よ。もし、あなたが
隣人のために保証人となり、他国人のために誓約をし、
2 あなたの口のことばによって、あなた自身がわなにかかり、あなたの口のことばによって、捕らえられたなら、
3 わが子よ、そのときにはすぐこうして、自分を救い出すがよい。
あなたは隣人の手に陥ったのだから、行って、伏して隣人にしつこくせがむがよい。
4 あなたの目を眠らせず、あなたのまぶたをまどろませず、
5 かもしかが狩人の手からのがれるように、鳥が鳥を取る者の手からのがれるように
自分を救い出せ。

6 なまけ者よ。蟻のところへ行き、そのやり方を見て、知恵を得よ。
7 蟻には首領もつかさも支配者もいないが、
8 夏のうちに食物を確保し、刈り入れ時に食糧を集める。
9 なまけ者よ。いつまで寝ているのか。
いつ目をさまして起きるのか。
10 しばらく眠り、しばらくまどろみ、しばらく手をこまねいて、また休む。
11 だから、あなたの貧しさは浮浪者のように、あなたの乏しさは横着者のようにやって来る。
12 よこしまな者や不法の者は、曲がったことを言って歩き回り、
13 目くばせをし、足で合図し、指でさし、
14 そのねじれた心は、いつも悪を計り、争いをまき散らす。
15 それゆえ、災害は突然やって来て、彼はたちまち滅ぼされ、いやされることはない。

16 主の憎むものが六つある。
いや、主ご自身の忌みきらうものが七つある。
17 高ぶる目、偽りの舌、罪のない者の血を流す手、
18 邪悪な計画を細工する心、悪へ走るに速い足、
19 まやかしを吹聴する偽りの証人、兄弟の間に争いをひき起こす者。

20 わが子よ。あなたの父の命令を守れ。
あなたの母の教えを捨てるな。
21 それをいつも、あなたの心に結び、あなたの首の回りに結びつけよ。
22 これは、あなたが歩くとき、あなたを導き、あなたが寝るとき、あなたを見守り、あなたが目ざめるとき、あなたに話しかける。
23 命令はともしびであり、おしえは光であり、訓戒のための叱責はいのちの道であるからだ。
24 これはあなたを悪い女から守り、見知らぬ女のなめらかな舌から守る。
25 彼女の美しさを心に慕うな。
そのまぶたに捕らえられるな。
26 遊女はひとかたまりのパンで買えるが、人妻は尊いいのちをあさるからだ。
27 人は火をふところにかき込んで、その着物が焼けないだろうか。
28 また人が、熱い火を踏んで、その足が焼けないだろうか。
29 隣の人の妻と姦通する者は、これと同じこと、その女に触れた者はだれでも罰を免れない。
30 盗人が飢え、自分の飢えを満たすために盗んだとしたら、人々はその者をさげすまないであろうか。
31 もし、つかまえられたなら、彼は七倍を償い、自分の家の財産をことごとく
与えなければならない。
32 女と姦通する者は思慮に欠けている。
これを行う者は自分自身を滅ぼす。
33 彼は傷と恥辱とを受けて、そのそしりを消し去ることができない。
34 嫉妬が、その夫を激しく憤らせて、夫が復讐するとき、彼を容赦しないからだ。
35 彼はどんな償い物も受けつけず、多くの贈り物をしても、彼は和らがない。

7章
1 わが子よ。私のことばを守り、私の命令をあなたのうちにたくわえよ。
2 私の命令を守って、生きよ。
私のおしえを、あなたのひとみのように守れ。
3 それをあなたの指に結び、あなたの心の板に書きしるせ。
4 知恵に向かって、「あなたは私の姉妹だ」と言い、悟りを「身内の者」と呼べ。
5 それは、あなたを他人の妻から守り、ことばのなめらかな見知らぬ女から守るためだ。
6 私が私の家の窓の
格子窓から見おろして、
7 わきまえのない者たちを見ていると、若者のうちに、思慮に欠けたひとりの若い者のいるのを認めた。
8 彼は女の家への曲がりかどに近い通りを過ぎ行き、女の家のほうに歩いて行った。
9 それは、たそがれの、日の沈むころ、夜がふける、暗やみのころだった。
10 すると、遊女の装いをした
心にたくらみのある女が彼を迎えた。
11 この女は騒がしくて、御しにくく、その足は自分の家にとどまらず、
12 あるときは通りに、あるときは市場にあり、あるいは、あちこちの町かどに立って待ち伏せる。
13 この女は彼をつかまえて口づけし、臆面もなく彼に言う。
14 「和解のいけにえをささげて、きょう、私の誓願を果たしました。
15 それで私はあなたに会いに出て来たのです。
あなたを捜して、やっとあなたを見つけました。
16 私は長いすに敷き物を敷き、あや織りのエジプトの亜麻布を敷き、
17 没薬、アロエ、肉桂で、私の床をにおわせました。
18 さあ、私たちは朝になるまで、愛に酔いつぶれ、愛撫し合って楽しみましょう。
19 夫は家にいません。
遠くへ旅に出ていますから。
20 金の袋を持って出ました。
満月になるまでは帰って来ません」と。
21 女はくどき続けて彼を惑わし、へつらいのくちびるで彼をいざなう。
22 彼はほふり場に引かれる牛のように、愚か者を懲らしめるための足かせのように、ただちに女につき従い、
23 ついには、矢が肝を射通し、鳥がわなに飛び込むように、自分のいのちがかかっているのを知らない。

24 子どもらよ。今、私に聞き従い、私の言うことに心を留めよ。
25 あなたの心は、彼女の道に迷い込んではならない。
その通り道に迷ってはならない。
26 彼女は多くの者を切り倒した。
彼女に殺された者は数えきれない。
27 彼女の家はよみへの道、死の部屋に下って行く。

8章
1 知恵は呼ばわらないだろうか。
英知はその声をあげないだろうか。
2 これは丘の頂、道のかたわら、通り道の四つかどに立ち、
3 門のかたわら、町の入口、正門の入口で大声で呼ばわって言う。
4 「人々よ。わたしはあなたがたに呼ばわり、人の子らに声をかける。
5 わきまえのない者よ。分別をわきまえよ。
愚かな者よ。思慮をわきまえよ。
6 聞け。わたしは高貴なことについて語り、わたしのくちびるは正しいことを述べよう。
7 わたしの口は真実を告げ、わたしのくちびるは悪を忌みきらうからだ。
8 わたしの言うことはみな正しい。
そのうちには曲がったことやよこしまはない。
9 これはみな、識別する者には、正直、知識を見いだす者には、正しい。
10 銀を受けるよりも、わたしの懲らしめを受けよ。
えり抜きの黄金よりも知識を。
11 知恵は真珠にまさり、どんな喜びも、これには比べられないからだ。

12 知恵であるわたしは分別を住みかとする。
そこには知識と思慮とがある。
13 主を恐れることは悪を憎むことである。
わたしは高ぶりと、おごりと、悪の道と、ねじれたことばを憎む。
14 摂理とすぐれた知性とはわたしのもの。
わたしは分別であって、わたしには力がある。
15 わたしによって、王たちは治め、君主たちは正義を制定する。
16 わたしによって、支配者たちは支配する。
高貴な人たちはすべて正義のさばきつかさ。
17 わたしを愛する者を、わたしは愛する。
わたしを熱心に捜す者は、わたしを見つける。
18 富と誉れとはわたしとともにあり、尊い宝物と義もわたしとともにある。
19 わたしの実は黄金よりも、純金よりも良く、わたしの生み出すものはえり抜きの銀にまさる。
20 わたしは正義の道、公正の通り道の真ん中を歩み、
21 わたしを愛する者には財産を受け継がせ、彼らの財宝を満たす。

22 主は、その働きを始める前から、そのみわざの初めから、わたしを得ておられた。
23 大昔から、初めから、大地の始まりから、わたしは立てられた。
24 深淵もまだなく、水のみなぎる源もなかったとき、わたしはすでに生まれていた。
25 山が立てられる前に、丘より先に、わたしはすでに生まれていた。
26 神がまだ地も野原も、この世の最初のちりも造られなかったときに。
27 神が天を堅く立て、深淵の面に円を描かれたとき、わたしはそこにいた。
28 神が上のほうに大空を固め、深淵の源を堅く定め、
29 海にその境界を置き、水がその境を越えないようにし、地の基を定められたとき、
30 わたしは神のかたわらで、これを組み立てる者であった。
わたしは毎日喜び、いつも御前で楽しみ、
31 神の地、この世界で楽しみ、人の子らを喜んだ。

32 子どもらよ。今、わたしに聞き従え。
幸いなことよ。わたしの道を守る者は。
33 訓戒を聞いて知恵を得よ。
これを無視してはならない。
34 幸いなことよ。
日々わたしの戸口のかたわらで見張り、わたしの戸口の柱のわきで見守って、わたしの言うことを聞く人は。
35 なぜなら、わたしを見いだす者は、いのちを見いだし、主から恵みをいただくからだ。
36 わたしを見失う者は自分自身をそこない、わたしを憎む者はみな、死を愛する。」

9章
1 知恵は自分の家を建て、七つの柱を据え、
2 いけにえをほふり、ぶどう酒に混ぜ物をし、その食卓も整え、
3 小娘にことづけて、町の高い所で告げさせた。
4 「わきまえのない者はだれでも、ここに来なさい」と。
また、思慮に欠けた者に言う。
5 「わたしの食事を食べに来なさい。
わたしの混ぜ合わせたぶどう酒を飲み、
6 わきまえのないことを捨てて、生きなさい。
悟りのある道を、まっすぐ歩みなさい」と。

7 あざける者を戒める者は、自分が恥を受け、悪者を責める者は、自分が傷を受ける。
8 あざける者を責めるな。
おそらく、彼はあなたを憎むだろう。
知恵のある者を責めよ。
そうすれば、彼はあなたを愛するだろう。
9 知恵のある者に与えよ。
彼はますます知恵を得よう。
正しい者を教えよ。
彼は理解を深めよう。
10 主を恐れることは知恵の初め、聖なる方を知ることは悟りである。
11 わたしによって、あなたの日は多くなり、あなたのいのちの年は増すからだ。
12 もし、あなたが知恵を得れば、その知恵はあなたのものだ。
もし、あなたがこれをあざけるなら、あなただけが、その責任を負うことになる。

13 愚かな女は、騒がしく、わきまえがなく、何も知らない。
14 彼女は自分の家の戸口にすわり、町の高い所にある座にすわり、
15 まっすぐに歩いて行く往来の人を招いて言う。
16 「わきまえのない者はだれでも
ここに来なさい」と。
また思慮に欠けた者に向かって、彼女は言う。
17 「盗んだ水は甘く、こっそり食べる食べ物はうまい」と。
18 しかしその人は、そこに死者の霊がいることを、彼女の客がよみの深みにいることを、知らない。

10章
1 ソロモンの箴言
知恵のある子は父を喜ばせ、愚かな子は母の悲しみである。
2 不義によって得た財宝は役に立たない。
しかし正義は人を死から救い出す。
3 主は正しい者を飢えさせない。
しかし悪者の願いを突き放す。
4 無精者の手は人を貧乏にし、勤勉な者の手は人を富ます。
5 夏のうちに集める者は思慮深い子であり、刈り入れ時に眠る者は恥知らずの子である。
6 正しい者の頭には祝福があり、悪者の口は暴虐を隠す。
7 正しい者の呼び名はほめたたえられ、悪者の名は朽ち果てる。
8 心に知恵のある者は命令を受け入れる。
むだ口をたたく愚か者は踏みつけられる。
9 まっすぐに歩む者の歩みは安全である。
しかし自分の道を曲げる者は思い知らされる。
10 目くばせする者は人を痛め、むだ口をたたく愚か者は踏みつけられる。
11 正しい者の口はいのちの泉。
悪者の口は暴虐を隠す。
12 憎しみは争いをひき起こし、愛はすべてのそむきの罪をおおう。
13 悟りのある者のくちびるには知恵があり、思慮に欠けた者の背には杖がある。
14 知恵のある者は知識をたくわえ、愚か者の口は滅びに近い。
15 富む者の財産はその堅固な城。
貧民の滅びは彼らの貧困。
16 正しい者の報酬はいのち。
悪者の収穫は罪。
17 訓戒を大事にする者はいのちへの道にあり、叱責を捨てる者は迷い出る。
18 憎しみを隠す者は偽りのくちびるを持ち、そしりを口に出す者は愚かな者である。
19 ことば数が多いところには、そむきの罪がつきもの。
自分のくちびるを制する者は思慮がある。
20 正しい者の舌はえり抜きの銀。
悪者の心は価値がない。
21 正しい者のくちびるは多くの人を養い、愚か者は思慮がないために死ぬ。
22 主の祝福そのものが人を富ませ、人の苦労は何もそれに加えない。
23 愚かな者には悪事が楽しみ。
英知のある者には知恵が楽しみ。
24 悪者の恐れていることはその身にふりかかり、正しい者の望みはかなえられる。
25 つむじ風が過ぎ去るとき、悪者はいなくなるが、正しい者は永遠の礎である。
26 使いにやる者にとって、なまけ者は、歯に酢、目に煙のようなものだ。
27 主を恐れることは日をふやし、悪者の年は縮められる。
28 正しい者の望みは喜びであり、悪者の期待は消えうせる。
29 主の道は、潔白な人にはとりでであり、不法を行う者には滅びである。
30 正しい者はいつまでも動かされない。
しかし悪者はこの地に住みつくことができない。
31 正しい者の口は知恵を実らせる。
しかしねじれた舌は抜かれる。
32 正しい者のくちびるは好意を、悪者の口はねじれごとを知っている。

11章
1 欺きのはかりは主に忌みきらわれる。
正しいおもりは主に喜ばれる。
2 高ぶりが来れば、恥もまた来る。
知恵はへりくだる者とともにある。
3 直ぐな人の誠実は、その人を導き、裏切り者のよこしまは、その人を破滅させる。
4 財産は激しい怒りの日には役に立たない。
しかし正義は人を死から救い出す。
5 潔白な人の道は、その正しさによって平らにされ、悪者は、その悪事によって倒れる。
6 直ぐな人は、その正しさによって救い出され、裏切り者は、自分の欲によって捕らえられる。
7 悪者が死ぬとき、その期待は消えうせ、邪悪な者たちの望みもまた消えうせる。
8 正しい者は苦しみから救い出され、彼に代わって悪者がそれに陥る。
9 神を敬わない者は
その口によって隣人を滅ぼそうとするが、正しい者は知識によって彼らを救おうとする。
10 町は、正しい者が栄えると、こおどりし、悪者が滅びると、喜びの声をあげる。
11 直ぐな人の祝福によって、町は高くあげられ、悪者の口によって、滅ぼされる。
12 隣人をさげすむ者は思慮に欠けている。
しかし英知のある者は沈黙を守る。
13 歩き回って人を中傷する者は秘密を漏らす。
しかし真実な心の人は事を秘める。
14 指導がないことによって民は倒れ、多くの助言者によって救いを得る。
15 他国人の保証人となる者は苦しみを受け、保証をきらう者は安全だ。
16 優しい女は誉れをつかみ、横暴な者は富をつかむ。
17 真実な者は自分のたましいに報いを得るが、残忍な者は自分の身に煩いをもたらす。
18 悪者は偽りの報酬を得るが、義を蒔く者は確かな賃金を得る。
19 このように、義を追い求める者はいのちに至り、悪を追い求める者は死に至る。
20 心の曲がった者は主に忌みきらわれる。
しかしまっすぐに道を歩む者は主に喜ばれる。
21 確かに悪人は罰を免れない。
しかし正しい者のすえは救いを得る。
22 美しいが、たしなみのない女は、金の輪が豚の鼻にあるようだ。
23 正しい者の願い、ただ良いこと。
悪者の望み、激しい怒り。
24 ばらまいても、なお富む人があり、正当な支払いを惜しんでも、かえって乏しくなる者がある。
25 おおらかな人は肥え、人を潤す者は自分も潤される。
26 穀物を売り惜しむ者は民にのろわれる。
しかしそれを売る者の頭には祝福がある。
27 熱心に善を捜し求める者は恵みを見つけるが、悪を求める者には悪が来る。
28 自分の富に拠り頼む者は倒れる。
しかし正しい者は若葉のように芽を出す。
29 自分の家族を煩わせる者は風を相続し、愚か者は心に知恵のある者のしもべとなる。
30 正しい者の結ぶ実はいのちの木である。
知恵のある者は人の心をとらえる。
31 もし正しい者がこの世で報いを受けるなら、悪者や罪人は、なおさら、その報いを受けよう。

12章
1 訓戒を愛する人は知識を愛する。
叱責を憎む者はまぬけ者だ。
2 善人は主から恵みをいただき、悪をたくらむ者は罰を受ける。
3 人は悪をもって身を堅く立てることはできず、正しい人の根はゆるがない。
4 しっかりした妻は夫の冠。
恥をもたらす妻は、夫の骨の中の腐れのようだ。
5 正しい人の計画することは公正で、悪者の指導には欺きがある。
6 悪者のことばは血に飢えている。
しかし正しい者の口は彼らを救い出す。
7 悪者はくつがえされて、いなくなる。
しかし正しい者の家は立ち続ける。
8 人はその思慮深さによってほめられ、心のねじけた者はさげすまれる。
9 身分の低い人で職を持っている者は、高ぶっている人で食に乏しい者にまさる。
10 正しい者は、自分の家畜のいのちに気を配る。
悪者のあわれみは、残忍である。
11 自分の畑を耕す者は食糧に飽き足り、むなしいものを追い求める者は思慮に欠ける。
12 悪者は、悪の網を張るのを好み、正しい者の根は、芽を出す。
13 悪人はくちびるでそむきの罪を犯して、わなにかかる。
しかし正しい者は苦しみを免れる。
14 人はその口の実によって良いものに満ち足りる。
人の手の働きはその人に報いを与える。
15 愚か者は自分の道を正しいと思う。
しかし知恵のある者は忠告を聞き入れる。
16 愚か者は自分の怒りをすぐ現す。
利口な者ははずかしめを受けても黙っている。
17 真実の申し立てをする人は正しいことを告げ、偽りの証人は欺き事を告げる。
18 軽率に話して人を剣で刺すような者がいる。
しかし知恵のある人の舌は人をいやす。
19 真実のくちびるはいつまでも堅く立つ。
偽りの舌はまばたきの間だけ。
20 悪をたくらむ者の心には欺きがあり、平和を図る人には喜びがある。
21 正しい者は何の災害にも会わない。
悪者はわざわいで満たされる。
22 偽りのくちびるは主に忌みきらわれる。
真実を行う者は主に喜ばれる。
23 利口な者は知識を隠し、愚かな者は自分の愚かさを言いふらす。
24 勤勉な者の手は支配する。
無精者は苦役に服する。
25 心に不安のある人は沈み、親切なことばは人を喜ばす。
26 正しい者はその友を探り出し、悪者の道は彼らを迷わせる。
27 無精者は獲物を捕らえない。
しかし勤勉な人は多くの尊い人を捕らえる。
28 正義の道にはいのちがある。
その道筋には死がない。

13章
1 知恵のある子は父の訓戒に従い、あざける者は叱責を聞かない。
2 人はその口の実によって良いものを食べ、裏切り者は暴虐を食べる。
3 自分の口を見張る者は自分のいのちを守り、くちびるを大きく開く者には滅びが来る。
4 なまけ者は欲を起こしても心に何もない。
しかし勤勉な者の心は満たされる。
5 正しい者は偽りのことばを憎む。
悪者は悪臭を放ちながら恥ずべきふるまいをする。
6 正義は潔白な生き方を保ち、悪は罪人を滅ぼす。
7 富んでいるように見せかけ、何も持たない者がいる。
貧しいように見せかけ、多くの財産を持つ者がいる。
8 富はその人のいのちの身代金である。
しかし貧しい者は叱責を聞かない。
9 正しい者の光は輝き、悪者のともしびは消える。
10 高ぶりは、ただ争いを生じ、知恵は勧告を聞く者とともにある。
11 急に得た財産は減るが、働いて集める者は、それを増す。
12 期待が長びくと心は病む。
望みがかなうことは、いのちの木である。
13 みことばをさげすむ者は身を滅ぼし、命令を敬う者は報いを受ける。
14 知恵のある者のおしえはいのちの泉、これによって、死のわなをのがれることができる。
15 良い思慮は好意を生む。
裏切り者の行いは荒い。
16 すべて利口な者は知識によって行動し、愚かな者は自分の愚かさを言い広める。
17 悪い使者はわざわいに陥り、忠実な使者は人をいやす。
18 貧乏と恥とは訓戒を無視する者に来る。
しかし叱責を大事にする者はほめられる。
19 望みがかなえられるのはここちよい。
愚かな者は悪から離れることを忌みきらう。
20 知恵のある者とともに歩む者は知恵を得る。
愚かな者の友となる者は害を受ける。
21 わざわいは罪人を追いかけ、幸いは正しい者に報いる。
22 善良な人は子孫にゆずりの地を残す。
罪人の財宝は正しい者のためにたくわえられる。
23 貧しい者の開拓地に、多くの食糧がある。
公義がないところで、財産は滅ぼし尽くされる。
24 むちを控える者はその子を憎む者である。
子を愛する者はつとめてこれを懲らしめる。
25 正しい者は食べてその食欲を満たし、悪者は腹をすかせる。

14章
1 知恵のある女は自分の家を建て、愚かな女は自分の手でこれをこわす。
2 まっすぐに歩む者は、主を恐れ、曲がって歩む者は、主をさげすむ。
3 愚か者の口には誇りの若枝がある。
知恵のある者のくちびるは身を守る。
4 牛がいなければ飼葉おけはきれいだ。
しかし牛の力によって収穫は多くなる。
5 真実な証人はまやかしを言わない。
偽りの証人はまやかしを吹聴する。
6 あざける者は知恵を捜しても得られない。
しかし悟りのある者はたやすく知識を得る。
7 愚かな者の前を離れ去れ。
知識のことばはそこにはない。
8 利口な者は自分の知恵で自分の道をわきまえ、愚かな者は自分の愚かさで自分を欺く。
9 罪過のためのいけにえは愚か者をあざけり、正しい者の間には恩恵がある。
10 心がその人自身の苦しみを知っている。
その喜びにもほかの者はあずからない。
11 悪者の家は滅ぼされ、正しい者の天幕は栄える。
12 人の目にはまっすぐに見える道がある。
その道の終わりは死の道である。
13 笑うときにも心は痛み、終わりには喜びが悲しみとなる。
14 心の堕落している者は自分の道に甘んじる。
善良な人は彼から離れる。
15 わきまえのない者は何でも言われたことを信じ、利口な者は自分の歩みをわきまえる。
16 知恵のある者は用心深くて悪を避け、愚かな者は怒りやすくて自信が強い。
17 短気な者は愚かなことをする。
悪をたくらむ者は憎まれる。
18 わきまえのない者は愚かさを受け継ぎ、利口な者は知識の冠をかぶる。
19 悪人はよい人の前で、悪者は正しい人の門のところで身をかがめる。
20 貧しい者はその隣人にさえ憎まれるが、富む者を愛する人は多い。
21 自分の隣人をさげすむ人は罪人。
貧しい者をあわれむ人は幸いだ。
22 悪をたくらむ者は迷い出るではないか。
善を計る者には恵みとまことがある。
23 すべての勤労には利益がある。
おしゃべりは欠損を招くだけだ。
24 知恵のある者の冠はその知恵。
愚かな者のかぶり物はその愚かさ。
25 誠実な証人は人のいのちを救い出す。
欺く者はまやかしを吹聴する。
26 力強い信頼は主を恐れることにあり、子たちの避け所となる。
27 主を恐れることはいのちの泉、死のわなからのがれさせる。
28 民の多いことは王の栄え。
民がなくなれば君主は滅びる。
29 怒りをおそくする者は英知を増し、気の短い者は愚かさを増す。
30 穏やかな心は、からだのいのち。
激しい思いは骨をむしばむ。
31 寄るべのない者をしいたげる者は
自分の造り主をそしり、貧しい者をあわれむ者は造り主を敬う。
32 悪者は自分の悪によって打ち倒され、正しい者は、自分の死の中にものがれ場がある。
33 知恵は悟りのある者の心にいこう。
愚かな者の間でもそれは知られている。
34 正義は国を高め、罪は国民をはずかしめる。
35 思慮深いしもべは王の好意を受け、恥知らずの者は王の激しい怒りに会う。

15章
1 柔らかな答えは憤りを静める。
しかし激しいことばは怒りを引き起こす。
2 知恵のある者の舌は知識をよく用い、愚かな者の口は愚かさを吐き出す。
3 主の御目はどこにでもあり、悪人と善人とを見張っている。
4 穏やかな舌はいのちの木。
偽りの舌はたましいの破滅。
5 愚か者は自分の父の訓戒を侮る。
叱責を大事にする者は利口になる。
6 正しい者の家には多くの富がある。
悪者の収穫は煩いをもたらす。
7 知恵のある者のくちびるは知識を広める。
愚かな者の心はそうではない。
8 悪者のいけにえは主に忌みきらわれる。
正しい者の祈りは主に喜ばれる。
9 主は悪者の行いを忌みきらい、義を追い求める者を愛する。
10 正しい道を捨てる者にはきびしい懲らしめがあり、叱責を憎む者は死に至る。
11 よみと滅びの淵とは主の前にある。
人の子らの心はなおさらのこと。
12 あざける者はしかってくれる者を愛さない。
知恵のある者にも近づかない。
13 心に喜びがあれば顔色を良くする。
心に憂いがあれば気はふさぐ。
14 悟りのある者の心は知識を求めるが、愚かな者の口は愚かさを食いあさる。
15 悩む者には毎日が不吉の日であるが、心に楽しみのある人には毎日が宴会である。
16 わずかな物を持っていて主を恐れるのは、多くの財宝を持っていて恐慌があるのにまさる。
17 野菜を食べて愛し合うのは、肥えた牛を食べて憎み合うのにまさる。
18 激しやすい者は争いを引き起こし、怒りをおそくする者はいさかいを静める。
19 なまけ者の道はいばらの生け垣のよう。
実直な者の小道は平らな大路。
20 知恵のある子は父を喜ばせ、愚かな者はその母をさげすむ。
21 思慮に欠けている者は愚かさを喜び、英知のある者はまっすぐに歩む。
22 密議をこらさなければ、計画は破れ、多くの助言者によって、成功する。
23 良い返事をする人には喜びがあり、時宜にかなったことばは、いかにも麗しい。
24 悟りのある者はいのちの道を上って行く。
これは下にあるよみを離れるためだ。
25 主は高ぶる者の家を打ちこわし、やもめの地境を決められる。
26 悪人の計画は主に忌みきらわれる。
親切なことばは、きよい。
27 利得をむさぼる者は自分の家族を煩わし、まいないを憎む者は生きながらえる。
28 正しい者の心は、どう答えるかを思い巡らす。
悪者の口は悪を吐き出す。
29 主は悪者から遠ざかり、正しい者の祈りを聞かれる。
30 目の光は心を喜ばせ、良い知らせは人を健やかにする。
31 いのちに至る叱責を聞く耳のある者は、知恵のある者の間に宿る。
32 訓戒を無視する者は
自分のいのちをないがしろにする。
叱責を聞き入れる者は思慮を得る。
33 主を恐れることは知恵の訓戒である。
謙遜は栄誉に先立つ。

16章
1 人は心に計画を持つ。
主はその舌に答えを下さる。
2 人は自分の行いがことごとく純粋だと思う。
しかし主は人のたましいの値うちをはかられる。
3 あなたのしようとすることを主にゆだねよ。
そうすれば、あなたの計画はゆるがない。
4 主はすべてのものを、ご自分の目的のために造り、悪者さえもわざわいの日のために造られた。
5 主はすべて心おごる者を忌みきらわれる。
確かに、この者は罰を免れない。
6 恵みとまことによって、咎は贖われる。
主を恐れることによって、人は悪を離れる。
7 主は、人の行いを喜ぶとき、その人の敵をも、その人と和らがせる。
8 正義によって得たわずかなものは、不正によって得た多くの収穫にまさる。
9 人は心に自分の道を思い巡らす。
しかし、その人の歩みを確かなものにするのは
主である。
10 王のくちびるには神の宣告がある。
さばくとき、その口に不実があってはならない。
11 正しいてんびんとはかりとは、主のもの。
袋の中の重り石もみな、主が造られたもの。
12 悪を行うことは王たちの忌みきらうこと。
王座は義によって堅く立つからだ。
13 正しいことばは王たちの喜び。
まっすぐに語る者は愛される。
14 王の憤りは死の使者である。
しかし知恵のある人はそれをなだめる。
15 王の顔の光にはいのちがある。
彼のいつくしみは後の雨をもたらす雲のようだ。
16 知恵を得ることは、黄金を得るよりはるかにまさる。
悟りを得ることは銀を得るよりも望ましい。
17 直ぐな者の大路は悪から離れている。
自分のいのちを守る者は自分の道を監視する。
18 高ぶりは破滅に先立ち、心の高慢は倒れに先立つ。
19 へりくだって貧しい者とともにいるのは、高ぶる者とともにいて、分捕り物を分けるのにまさる。
20 みことばに心を留める者は幸いを見つける。
主に拠り頼む者は幸いである。
21 心に知恵のある者は悟りのある者ととなえられ、その快いことばは理解を増し加える。
22 思慮を持つ者にはいのちが泉となり、愚か者には愚かさが懲らしめとなる。
23 知恵のある者の心はその口をさとし、そのことばに理解を増し加える。
24 親切なことばは蜂蜜、たましいに甘く、骨を健やかにする。
25 人の目にはまっすぐに見える道がある。
その道の終わりは死の道である。
26 働く者は食欲のために働く。
その口が彼を駆り立てるからだ。
27 よこしまな者は悪をたくらむ。
その言うことは焼き尽くす火のようだ。
28 ねじれ者は争いを巻き起こし、陰口をたたく者は親しい友を離れさせる。
29 暴虐の者は自分の隣人を惑わし、良くない道へ導く。
30 目くばせする者はねじれごとをたくらみ、くちびるをすぼめている者は悪を成し遂げた者だ。
31 しらがは光栄の冠、それは正義の道に見いだされる。
32 怒りをおそくする者は勇士にまさり、自分の心を治める者は町を攻め取る者にまさる。
33 くじは、ひざに投げられるが、そのすべての決定は、主から来る。

17章
1 一切れのかわいたパンがあって、平和であるのは、ごちそうと争いに満ちた家にまさる。
2 思慮のあるしもべは、恥知らずの子を治め、その兄弟たちの間にあって、資産の分け前を受け継ぐ。
3 銀にはるつぼ、金には炉、人の心をためすのは主。
4 悪を行う者は邪悪なくちびるに聞き入り、偽り者は人を傷つける舌に耳を傾ける。
5 貧しい者をあざける者は自分の造り主をそしる。
人の災害を喜ぶ者は罰を免れない。
6 孫たちは老人の冠、子らの光栄は彼らの父である。
7 すぐれたことばは、しれ者にふさわしくない。
偽りのくちびるは、高貴な人には
なおさらふさわしくない。
8 わいろは、その贈り主の目には宝石、その向かう所、どこにおいても、うまくいく。
9 そむきの罪をおおう者は、愛を追い求める者。
同じことをくり返して言う者は、親しい友を離れさせる。
10 悟りのある者を一度責めることは、愚かな者を百度むち打つよりもききめがある。
11 ただ逆らうことだけを求める悪人には、残忍な使者が送られる。
12 愚かさにふけっている愚かな者に会うよりは、子を奪われた雌熊に会うほうがましだ。
13 善に代えて悪を返すなら、その家から悪が離れない。
14 争いの初めは水が吹き出すようなものだ。
争いが起こらないうちに争いをやめよ。
15 悪者を正しいと認め、正しい者を悪いとする、この二つを、主は忌みきらう。
16 愚かな者が思慮もないのに、知恵を買おうとして、手に代金を持っている。
これはいったいどうしたことか。
17 友はどんなときにも愛するものだ。
兄弟は苦しみを分け合うために生まれる。
18 思慮に欠けている者はすぐ誓約をして、隣人の前で保証人となる。
19 そむきの罪を愛する者はけんかを愛する。
自分の門を高くする者は破滅を求める。
20 心の曲がった者は幸いを見つけない。
偽りを口にする者はわざわいに陥る。
21 愚かな者を生む者には悲しみがあり、しれ者の父には喜びがない。
22 陽気な心は健康を良くし、陰気な心は骨を枯らす。
23 悪者は人のふところからわいろを受け、さばきの道を曲げる。
24 悟りのある者はその顔を知恵に向け、愚かな者は目を地の果てに注ぐ。
25 愚かな子はその父の憂い、これを産んだ母の痛みである。
26 正しい人に罰金を科し、高貴な人をその正しさのゆえにむち打つのは、どちらもよくない。
27 自分のことばを控える者は知識に富む者。
心の冷静な人は英知のある者。
28 愚か者でも、黙っていれば、知恵のある者と思われ、そのくちびるを閉じていれば、悟りのある者と思われる。

18章
1 おのれを閉ざす者は自分の欲望のままに求め、すべてのすぐれた知性と仲たがいする。
2 愚かな者は英知を喜ばない。
ただ自分の意見だけを表す。
3 悪者が来ると、侮りも来る。
恥とともに、そしりも来る。
4 人の口のことばは深い水のようだ。
知恵の泉はわいて流れる川のようだ。
5 悪者をえこひいきすることはよくない。
正しい者をさばきのときに否むこともよくない。
6 愚かな者のくちびるは争いを起こし、その口はむち打つ者を呼び寄せる。
7 愚かな者の口は自分の滅びとなり、そのくちびるは自分のたましいのわなとなる。
8 陰口をたたく者のことばは
おいしい食べ物のようだ。
腹の奥に下っていく。
9 自分の仕事をなまける者は、滅びをもたらす者の兄弟である。
10 主の名は堅固なやぐら。
正しい者はその中に走って行って安全である。
11 富む者の財産はその堅固な城。
自分ではそそり立つ城壁のように思っている。
12 人の心の高慢は破滅に先立ち、謙遜は栄誉に先立つ。
13 よく聞かないうちに返事をする者は、愚かであって、侮辱を受ける。
14 人の心は病苦をも忍ぶ。
しかし、ひしがれた心にだれが耐えるだろうか。
15 悟りのある者の心は知識を得、知恵のある者の耳は知識を求める。
16 人の贈り物はその人のために道を開き、高貴な人の前にも彼を導く。
17 最初に訴える者は、その相手が来て彼を調べるまでは、正しく見える。
18 くじは争いをやめさせ、強い者の間を解決する。
19 反抗する兄弟は堅固な城よりも近寄りにくい。
敵意は宮殿のかんぬきのようだ。
20 人はその口の結ぶ実によって腹を満たし、そのくちびるによる収穫に満たされる。
21 死と生は舌に支配される。
どちらかを愛して、人はその実を食べる。
22 良い妻を見つける者はしあわせを見つけ、主からの恵みをいただく。
23 貧しい者は哀願するが、富む者は荒々しく答える。
24 滅びに至らせる友人たちもあれば、兄弟よりも親密な者もいる。

19章
1 貧しくても、誠実に歩む者は、曲がったことを言う愚かな者にまさる。
2 熱心だけで知識のないのはよくない。
急ぎ足の者はつまずく。
3 人は自分の愚かさによってその生活を滅ぼす。
しかもその心は主に向かって激しく怒る。
4 財産は多くの友を増し加え、寄るべのない者は、その友からも引き離される。
5 偽りの証人は罰を免れない。
まやかしを吹聴する者も、のがれられない。
6 高貴な人の好意を求める者は多く、だれでも贈り物をしてくれる人の友となる。
7 貧しい者は自分の兄弟たちみなから憎まれる。
彼の友人が彼から遠ざかるのは、なおさらのこと。
彼がことばをもって追い求めても、彼らはいない。
8 思慮を得る者は自分自身を愛する者、英知を保つ者は幸いを見つける。
9 偽りの証人は罰を免れない。
まやかしを吹聴する者は滅びる。
10 愚かな者にぜいたくな暮らしはふさわしくない。
奴隷が主人を支配するのは、なおさらのこと。
11 人に思慮があれば、怒りをおそくする。
その人の光栄は、そむきを赦すことである。
12 王の激しい怒りは若い獅子がうなるよう。
しかし、その恵みは草の上に置く露のよう。
13 愚かな息子は父のわざわい。
妻のいさかいは、したたり続ける雨漏り。
14 家と財産とは先祖から受け継ぐもの。
思慮深い妻は主からのもの。
15 怠惰は人を深い眠りに陥らせ、なまけ者は飢える。
16 命令を守る者は自分のいのちを保ち、自分の道をさげすむ者は死ぬ。
17 寄るべのない者に施しをするのは、主に貸すことだ。
主がその善行に報いてくださる。
18 望みのあるうちに、自分の子を懲らしめよ。
しかし、殺す気を起こしてはならない。
19 激しく憤る者は罰を受ける。
たとい彼を救い出しても、ただ、これをくり返さなければならない。
20 忠告を聞き、訓戒を受け入れよ。
そうすれば、あなたはあとで知恵を得よう。
21 人の心には多くの計画がある。
しかし主のはかりごとだけが成る。
22 人の望むものは、人の変わらぬ愛である。
貧しい人は、まやかしを言う者にまさる。
23 主を恐れるなら、いのちに至る。
満ち足りて住み、わざわいに会わない。
24 なまけ者は手を皿に差し入れても、それを口に持っていこうとしない。
25 あざける者を打て。
そうすれば、わきまえのない者は利口になる。
悟りのある者を責めよ。
そうすれば、彼は知識をわきまえる。
26 父に乱暴し、母を追い出す者は、恥を見、はずかしめを受ける子である。
27 わが子よ。訓戒を聞くのをやめてみよ。
そうすれば、知識のことばから迷い出る。
28 よこしまな証人は、さばきをあざけり、悪者の口は、わざわいをのみこむ。
29 さばきはあざける者のために準備され、むち打ちは愚かな者の背のために準備されている。

20章
1 ぶどう酒は、あざける者。
強い酒は、騒ぐ者。
これに惑わされる者は、みな知恵がない。
2 王の恐ろしさは若い獅子がうなるようだ。
彼を怒らせる者は自分のいのちを失う。
3 争いを避けることは人の誉れ、愚か者はみな争いを引き起こす。
4 なまけ者は冬には耕さない。
それゆえ、刈り入れ時に求めても、何もない。
5 人の心にあるはかりごとは深い水、英知のある人はこれを汲み出す。
6 多くの人は自分の親切を吹聴する。
しかし、だれが忠実な人を見つけえよう。
7 正しい人が潔白な生活をするときに、彼の子孫はなんと幸いなことだろう。
8 さばきの座に着く王は、自分の目ですべての悪をふるい分ける。
9 だれが、「私は自分の心をきよめた。
私は罪からきよめられた」
と言うことができよう。
10 異なる二種類のおもり、異なる二種類の枡、そのどちらも主に忌みきらわれる。
11 幼子でさえ、何かするとき、その行いが純粋なのかどうか、正しいのかどうかを明らかにする。
12 聞く耳と、見る目とは、二つとも主が造られたもの。
13 眠りを愛してはいけない。さもないと貧しくなる。
目を開け。そうすればパンに飽き足りる。
14 買う者は「悪い、悪い」と言うが、買ってしまえば、それを自慢する。
15 金があり、多くの真珠があっても、知識のくちびるが宝の器。
16 他国人の保証人となるときは、その者の着物を取れ。
見知らぬ女のためにも、着物を抵当に取れ。
17 だまし取ったパンはうまい。
しかし、後にはその口はじゃりでいっぱいになる。
18 相談して計画を整え、すぐれた指揮のもとに戦いを交えよ。
19 歩き回って人を中傷する者は秘密を漏らす。
くちびるを開く者とは交わるな。
20 自分の父や母をのろう者、そのともしびは、やみが近づくと消える。
21 初めに急に得た相続財産は、終わりには祝福されない。
22 「悪に報いてやろう」と言ってはならない。
主を待ち望め。主があなたを救われる。
23 異なる二種類のおもりは主に忌みきらわれる。
欺きのはかりはよくない。
24 人の歩みは主によって定められる。
人間はどうして自分の道を理解できようか。
25 軽々しく、聖なるささげ物をすると言い、誓願を立てて後に、それを考え直す者は、わなにかかっている人だ。
26 知恵のある王は悪者どもをふるいにかけ、彼らの上で車輪を引き回す。
27 人間の息は主のともしび、腹の底まで探り出す。
28 恵みとまこととは王を守る。
彼は恵みによって王位をささえる。
29 若い男の光栄は彼らの力。
年寄りの飾りはそのしらが。
30 打って傷つけるのは悪を洗い落とすため。
腹の底まで打ちたたけ。

21章
1 王の心は主の手の中にあって、水の流れのようだ。
みこころのままに向きを変えられる。
2 人は自分の道はみな正しいと思う。
しかし主は人の心の値うちをはかられる。
3 正義と公義を行うことは、いけにえにまさって主に喜ばれる。
4 高ぶる目とおごる心――
悪者のともしびは罪である。
5 勤勉な人の計画は利益をもたらし、すべてあわてる者は欠損を招くだけだ。
6 偽りの舌をもって財宝を得る者は、吹き払われる息のようで、死を求める者だ。
7 悪者は自分の暴虐に引きずられる。
公義を行おうとしないからだ。
8 罪人の道はねじれている。
しかし、きよい人の行いはまっすぐだ。
9 争い好きな女と社交場にいるよりは、屋根の片隅に住むほうがよい。
10 悪者のたましいは悪事にあこがれ、隣人をあわれもうとはしない。
11 あざける者が罰を受けるとき、わきまえのない者が知恵を得る。
知恵のある者が学ぶとき、その人は知識を得る。
12 正しい人は悪者の家を見抜く。
悪者どもは自分の悪事のために滅ぼされる。
13 寄るべのない者の叫びに耳を閉じる者は、自分が呼ぶときに答えられない。
14 ひそかな贈り物は怒りをなだめ、ふところのわいろは激しい憤りをなだめる。
15 公義が行われることは、正しい者には喜びであり、不法を行う者には滅びである。
16 悟りの道から迷い出る者は、死者の霊たちの集会の中で休む。
17 快楽を愛する者は貧しい人となり、ぶどう酒や油を愛する者は富むことがない。
18 悪者が正しい人のための身代金となり、裏切り者が直ぐな人の身代わりとなる。
19 争い好きで、うるさい女といるよりは、荒野に住むほうがまだましだ。
20 知恵のある者の住まいには、好ましい財宝と油がある。
しかし愚かな者はこれをのみ尽くす。
21 正義と誠実を追い求める者は、いのちと正義と誉れとを得る。
22 知恵のある者は勇士たちの町に攻め上って、その頼みとするとりでを倒す。
23 自分の口と舌とを守る者は、自分自身を守って苦しみに会わない。
24 高ぶった横柄な者――その名は「あざける者」、彼はいばって、横柄なふるまいをする。
25 なまけ者の欲望はその身を殺す。
その手が働くことを拒むからだ。
26 この者は一日中、自分の欲望に明け暮れている。
しかし、正しい人は人に与えて惜しまない。
27 悪者のいけにえは忌みきらわれる。
悪意をもってささげるときは、なおさらのこと。
28 まやかしの証人は滅びる。
しかし、よく聞く者はいつまでも語る。
29 悪者はあつかましく、正しい者は自分の道をわきまえる。
30 主の前では、どんな知恵も英知もはかりごとも、役に立たない。
31 馬は戦いの日のために備えられる。
しかし救いは主による。

22章
1 名声は多くの富よりも望ましい。
愛顧は銀や金にまさる。
2 富む者と貧しい者とは互いに出会う。
これらすべてを造られたのは主である。
3 利口な者はわざわいを見て、これを避け、わきまえのない者は進んで行って、罰を受ける。
4 謙遜と、主を恐れることの報いは、富と誉れといのちである。
5 曲がった者の道にはいばらとわながある。
たましいを守る者はこれらから遠ざかる。
6 若者をその行く道にふさわしく教育せよ。
そうすれば、年老いても、それから離れない。
7 富む者は貧しい者を支配する。
借りる者は貸す者のしもべとなる。
8 不正を蒔く者はわざわいを刈り取る。
彼の怒りの杖はすたれる。
9 善意の人は祝福を受ける。
自分のパンを寄るべのない者に与えるから。
10 あざける者を追い出せ。
そうすれば、争いも出て行く。
けんかも、悪口もやむ。
11 心のきよさを愛し、優しく話をする者は、王がその友となる。
12 主の目は知識を見守り、裏切り者のことばをくつがえす。
13 なまけ者は言う。「獅子が外にいる。
私はちまたで殺される」と。
14 他国の女の口車は深い穴のようだ。
主の憤りに触れた者がそこに落ち込む。
15 愚かさは子どもの心につながれている。
懲らしめの杖がこれを断ち切る。
16 自分を富まそうと寄るべのない者をしいたげる人、富む人に与える者は、必ず乏しくなる。

17 耳を傾けて、知恵のある者のことばを聞け。
あなたの心を私の知識に向けよ。
18 これらをあなたのうちに保つなら、楽しいことだ。
これらをみな、あなたのくちびるに備えておけ。
19 あなたが主に拠り頼むことができるように、私はきょう、特にあなたに教える。
20 私はあなたのために、勧告と知識についての三十句を書いたではないか。
21 これはあなたに真理のことばの確かさを教え、あなたを遣わした者に
真理のことばを持ち帰らせるためである。

22 貧しい者を、彼が貧しいからといって、かすめ取るな。
悩む者を門のところで押さえつけるな。
23 主が彼らの訴えを弁護し、彼らを奪う者のいのちを奪うからだ。

24 おこりっぽい者と交わるな。
激しやすい者といっしょに行くな。
25 あなたがそのならわしにならって、自分自身がわなにかかるといけないから。

26 あなたは人と誓約をしてはならない。
他人の負債の保証人となってはならない。
27 あなたに、償うものがないとき、人があなたの下から
寝床を奪い取ってもよかろうか。

28 あなたの先祖が立てた昔からの地境を
移してはならない。

29 じょうずな仕事をする人を見たことがあるか。
その人は王の前には立つが、身分の卑しい人の前には立たない。

23章
1 あなたが支配者と食事の席に着くときは、あなたの前にある物に、よく注意するがよい。
2 あなたが食欲の盛んな人であるなら、あなたののどに短刀を当てよ。
3 そのごちそうをほしがってはならない。
それはまやかす食物だから。

4 富を得ようと苦労してはならない。
自分の悟りによって、これをやめよ。
5 あなたがこれに目を留めると、それはもうないではないか。
富は必ず翼をつけて、鷲のように天へ飛んで行く。

6 貪欲な人の食物を食べるな。
彼のごちそうをほしがるな。
7 彼は、心のうちでは勘定ずくだから。
あなたに、「食え、飲め」と言っても、その心はあなたとともにない。
8 あなたは、食べた食物を吐き出し、あなたの快いことばをむだにする。

9 愚かな者に話しかけるな。
彼はあなたの思慮深いことばをさげすむからだ。

10 昔からの地境を移してはならない。
みなしごの畑に入り込んではならない。
11 彼らの贖い主は力強く、あなたに対する彼らの訴えを弁護されるからだ。

12 あなたは訓戒に意を用い、知識のことばに耳を傾けよ。
13 子どもを懲らすことを差し控えてはならない。
むちで打っても、彼は死ぬことはない。
14 あなたがむちで彼を打つなら、彼のいのちをよみから救うことができる。

15 わが子よ。もし、あなたの心に知恵があれば、私の心も喜び、
16 あなたのくちびるが正しいことを語るなら、私の心はおどる。

17 あなたは心のうちで罪人をねたんではならない。
ただ主をいつも恐れていよ。
18 確かに終わりがある。
あなたの望みは断ち切られることはない。

19 わが子よ。よく聞いて、知恵を得、あなたの心に、まっすぐ道を歩ませよ。
20 大酒飲みや、肉をむさぼり食う者と交わるな。
21 大酒飲みとむさぼり食う者とは貧しくなり、惰眠をむさぼる者は、ぼろをまとうようになるからだ。

22 あなたを生んだ父の言うことを聞け。
あなたの年老いた母をさげすんではならない。
23 真理を買え。それを売ってはならない。
知恵と訓戒と悟りも。
24 正しい者の父は大いに楽しみ、知恵のある子を生んだ者はその子を喜ぶ。
25 あなたの父と母を喜ばせ、あなたを産んだ母を楽しませよ。

26 わが子よ。あなたの心をわたしに向けよ。
あなたの目は、わたしの道を見守れ。
27 遊女は深い穴、見知らぬ女は狭い井戸だから。
28 彼女は強盗のように待ち伏せて、人々の間に裏切り者を多くする。

29 わざわいのある者はだれか。嘆く者はだれか。
争いを好む者はだれか。不平を言う者はだれか。
ゆえなく傷を受ける者はだれか。
血走った目をしている者はだれか。
30 ぶどう酒を飲みふける者、混ぜ合わせた酒の味見をしに行く者だ。
31 ぶどう酒が赤く、杯の中で輝き、なめらかにこぼれるとき、それを見てはならない。
32 あとでは、これが蛇のようにかみつき、まむしのように刺す。
33 あなたの目は、異様な物を見、あなたの心は、ねじれごとをしゃべり、
34 海の真ん中で寝ている人のように、帆柱のてっぺんで寝ている人のようになる。
35 「私はなぐられたが、痛くなかった。
私はたたかれたが、知らなかった。
いつ、私はさめるだろうか。
もっと飲みたいものだ。」

24章
1 悪い者たちをねたんではならない。
彼らとともにいることを望んではならない。
2 彼らの心は暴虐を図り、彼らのくちびるは害毒を語るからだ。

3 家は知恵によって建てられ、英知によって堅くされる。
4 部屋は知識によって
すべて尊い、好ましい宝物で満たされる。

5 知恵のある人は力強い。
知識のある人は力を増す。
6 あなたはすぐれた指揮のもとに戦いを交え、多くの助言者によって勝利を得る。

7 愚か者には知恵はさんごのようだ。
彼は門のところで、口を開くことができない。

8 悪事を働こうとたくらむ者は、陰謀家と言われている。
9 愚かなはかりごとは罪だ。
あざける者は人に忌みきらわれる。

10 もしあなたが苦難の日に気落ちしたら、あなたの力は弱い。

11 捕らえられて殺されようとする者を救い出し、虐殺されようとする貧困者を助け出せ。
12 もしあなたが、「私たちはそのことを知らなかった」と言っても、人の心を評価する方は、それを見抜いておられないだろうか。
あなたのたましいを見守る方は、それを知らないだろうか。
この方は
おのおの、人の行いに応じて報いないだろうか。

13 わが子よ。蜜を食べよ。それはおいしい。
蜂の巣の蜜はあなたの口に甘い。
14 知恵もあなたのたましいにとっては、そうだと知れ。
それを見つけると、良い終わりがあり、あなたの望みは断たれることがない。

15 悪者よ。正しい人の住まいをねらうな。
彼のいこいの場所を荒らすな。
16 正しい者は七たび倒れても、また起き上がるからだ。
悪者はつまずいて滅びる。

17 あなたの敵が倒れるとき、喜んではならない。
彼がつまずくとき、あなたは心から楽しんではならない。
18 主がそれを見て、御心を痛め、彼への怒りをやめられるといけないから。

19 悪を行う者に対して腹を立てるな。
悪者に対してねたみを起こすな。
20 悪い者には良い終わりがなく、悪者のともしびは消えるから。

21 わが子よ。主と王とを恐れよ。
そむく者たちと交わってはならない。
22 たちまち彼らに災難が起こるからだ。
このふたりから来る滅びをだれが知りえようか。

23 これらもまた、知恵ある者による。

さばくときに、人をかたより見るのはよくない。
24 悪者に向かって、「あなたは正しい」と言う者を、人々はののしり、民はのろう。
25 しかし、悪者を責める者は喜ばれ、彼らにはしあわせな祝福が与えられる。
26 正しい答えをする者は、そのくちびるに口づけされる。
27 外であなたの仕事を確かなものとし、あなたの畑を整え、そのあとで、あなたは家を建てよ。
28 あなたは、理由もないのに、あなたの隣人をそこなう証言をしてはならない。
あなたのくちびるで惑わしてはならない。
29 「彼が私にしたように、私も彼にしよう。
私は彼の行いに応じて、仕返しをしよう」
と言ってはならない。

30 私は、なまけ者の畑と、思慮に欠けている者のぶどう畑のそばを、通った。
31 すると、いばらが一面に生え、いらくさが地面をおおい、その石垣はこわれていた。
32 私はこれを見て、心に留め、これを見て、戒めを受けた。
33 しばらく眠り、しばらくまどろみ、しばらく手をこまねいて、また休む。
34 だから、あなたの貧しさは浮浪者のように、あなたの乏しさは横着者のようにやって来る。

25章
1 次もまたソロモンの箴言であり、ユダの王ヒゼキヤの人々が書き写したものである。
2 事を隠すのは神の誉れ。
事を探るのは王の誉れ。
3 天が高く、地が深いように、王の心は測り知れない。
4 銀から、かなかすを除け。
そうすれば、練られて良い器ができる。
5 王の前から悪者を除け。
そうすれば、その王座は義によって堅く据えられる。
6 王の前で横柄ぶってはならない。
偉い人のいる所に立っていてはならない。
7 高貴な人の前で下に下げられるよりは、「ここに上って来なさい」
と言われるほうがよいからだ。
あなたがその目で見たことを、
8 軽々しく訴えて出るな。そうでないと、あとになって、あなたの隣人があなたに
恥ずかしい思いをさせたとき、あなたはどうしようとするのか。
9 あなたは隣人と争っても、他人の秘密を漏らしてはならない。
10 そうでないと、聞く者があなたを侮辱し、あなたの評判は取り返しのつかないほど悪くなる。
11 時宜にかなって語られることばは、銀の彫り物にはめられた金のりんごのようだ。
12 知恵のある叱責は、それを聞く者の耳にとって、金の耳輪、黄金の飾りのようだ。
13 忠実な使者はこれを遣わす者にとって、夏の暑い日の冷たい雪のようだ。
彼は主人の心を生き返らせる。
14 贈りもしない贈り物を自慢する者は、雨を降らせない雲や風のようだ。
15 忍耐強く説けば、首領も納得する。
柔らかな舌は骨を砕く。
16 蜜を見つけたら、十分、食べよ。
しかし、食べすぎて吐き出すことがないように。
17 隣人の家に、足しげく通うな。
彼があなたに飽きて、あなたを憎むことがないようにせよ。
18 隣人に対し、偽りの証言をする人は、こん棒、剣、また鋭い矢のようだ。
19 苦難の日に、裏切り者に拠り頼むのは、悪い歯やよろける足を頼みとするようなもの。
20 心配している人の前で歌を歌うのは、寒い日に着物を脱ぐようであり、ソーダの上に酢を注ぐようなものだ。
21 もしあなたを憎む者が飢えているなら、パンを食べさせ、渇いているなら、水を飲ませよ。
22 あなたはこうして彼の頭に
燃える炭火を積むことになり、主があなたに報いてくださる。
23 北風は大雨を起こし、陰口をきく舌は人を怒らす。
24 争い好きな女と社交場にいるよりは、屋根の片隅に住むほうがよい。
25 遠い国からの良い消息は、疲れた人への冷たい水のようだ。
26 正しい人が悪者の前に屈服するのは、きたなくされた泉、荒らされた井戸のようだ。
27 あまり多くの蜜を食べるのはよくない。
しかし、りっぱなことばは尊重しなければならない。
28 自分の心を制することができない人は、城壁のない、打ちこわされた町のようだ。

26章
1 誉れが愚かな者にふさわしくないのは、夏の雪、刈り入れ時の雨のようだ。
2 逃げる雀のように、飛び去るつばめのように、いわれのないのろいはやって来ない。
3 馬には、むち。ろばには、くつわ。
愚かな者の背には、むち。
4 愚かな者には、その愚かさにしたがって答えるな。
あなたも彼と同じようにならないためだ。
5 愚かな者には、その愚かさにしたがって答えよ。
そうすれば彼は、自分を知恵のある者と思わないだろう。
6 愚かな者にことづけする者は、自分の両足を切り、身に害を受ける。
7 愚かな者が口にする箴言は、足のなえた者の垂れ下がった足のようだ。
8 愚かな者に誉れを与えるのは、石投げ器に石をゆわえるようだ。
9 愚かな者が口にする箴言は、酔った人が手にして振り上げるいばらのようだ。
10 愚かな者や通りすがりの者を雇う者は、すべての人を傷つける投げ槍のようだ。
11 犬が自分の吐いた物に帰って来るように、愚かな者は自分の愚かさをくり返す。
12 自分を知恵のある者と思っている人を見ただろう。
彼よりも、愚かな者のほうが、まだ望みがある。
13 なまけ者は「道に獅子がいる。
ちまたに雄獅子がいる」と言う。
14 戸がちょうつがいで回転するように、なまけ者は寝台の上でころがる。
15 なまけ者は手を皿に差し入れても、それを口に持っていくことをいとう。
16 なまけ者は、分別のある答えをする七人の者よりも、自分を知恵のある者と思う。
17 自分に関係のない争いに干渉する者は、通りすがりの犬の耳をつかむ者のようだ。
18 気が狂った者は、燃え木を死の矢として投げるが、
19 隣人を欺きながら、「ただ、戯れただけではないか」
と言う者も、それと同じだ。
20 たきぎがなければ火が消えるように、陰口をたたく者がなければ争いはやむ。
21 おき火に炭を、火にたきぎをくべるように、争い好きな人は争いをかき立てる。
22 陰口をたたく者のことばは、おいしい食べ物のようだ。腹の奥に下っていく。
23 燃えるくちびるも、心が悪いと、銀の上薬を塗った土の器のようだ。
24 憎む者は、くちびるで身を装い、心のうちでは欺きを図っている。
25 声を和らげて語りかけても、それを信じるな。
その心には七つの忌みきらわれるものがあるから。
26 憎しみは、うまくごまかし隠せても、その悪は集会の中に現れる。
27 穴を掘る者は、自分がその穴に陥り、石をころがす者は、自分の上にそれをころがす。
28 偽りの舌は、真理を憎み、へつらう口は滅びを招く。

27章
1 あすのことを誇るな。
一日のうちに何が起こるか、あなたは知らないからだ。
2 自分の口でではなく、ほかの者にあなたをほめさせよ。
自分のくちびるでではなく、よその人によって。
3 石は重く、砂も重い。
しかし愚か者の怒りはそのどちらよりも重い。
4 憤りは残忍で、怒りはあふれ出る。
しかし、ねたみの前には
だれが立ちはだかることができよう。
5 あからさまに責めるのは、ひそかに愛するのにまさる。
6 憎む者が口づけしてもてなすよりは、愛する者が傷つけるほうが真実である。
7 飽き足りている者は蜂の巣の蜜も踏みつける。
しかし飢えている者には苦い物もみな甘い。
8 自分の家を離れてさまよう人は、自分の巣を離れてさまよう鳥のようだ。
9 香油と香料は心を喜ばせ、友の慰めはたましいを力づける。
10 あなたの友、あなたの父の友を捨てるな。
あなたが災難に会うとき、兄弟の家に行くな。
近くにいる隣人は、遠くにいる兄弟にまさる。
11 わが子よ。知恵を得よ。私の心を喜ばせよ。
そうすれば、私をそしる者に、私は言い返すことができよう。
12 利口な者はわざわいを見て、これを避け、わきまえのない者は進んで行って、罰を受ける。
13 他国人の保証人となるときは、その者の着物を取れ。
見知らぬ女のためにも、着物を抵当に取れ。
14 朝早くから、大声で友人を祝福すると、かえってのろいとみなされる。
15 長雨の日にしたたり続ける雨漏りは、争い好きな女に似ている。
16 その女を制する者は、風を制し、右手に油をつかむことができる。
17 鉄は鉄によってとがれ、人はその友によってとがれる。
18 いちじくの木の番人はその実を食う。
主人の身を守る者は誉れを得る。
19 顔が、水に映る顔と同じように、人の心は、その人に映る。
20 よみと滅びの淵は飽くことがなく、人の目も飽くことがない。
21 るつぼは銀のため、炉は金のためにあるように、他人の称賛によって人はためされる。
22 愚か者を臼に入れ、きねでこれを麦といっしょについても、その愚かさは彼から離れない。

23 あなたの羊の様子をよく知り、群れに心を留めておけ。
24 富はいつまでも続くものではなく、王冠も代々に続かないからだ。
25 草が刈り取られ、若草が現れ、山々の青草も集められると、
26 子羊はあなたに着物を着させ、やぎは畑の代価となる。
27 やぎの乳は十分あって、あなたの食物、あなたの家族の食物となり、あなたの召使いの女たちを養う。

28章
1 悪者は追う者もないのに逃げる。
しかし、正しい人は若獅子のように頼もしい。
2 国にそむきがあるときは、多くの首長たちがいる。
しかし、分別と知識のあるひとりの人によって、それは長く安定する。
3 寄るべのない者をしいたげる貧しい者は、押し流して食物を残さない豪雨のようだ。
4 おしえを捨てる者は悪者をほめる。
おしえを守る者は彼らと争う。
5 悪人は公義を悟らない。
主を尋ね求める者はすべての事を悟る。
6 貧しくても、誠実に歩む者は、富んでいても、曲がった道を歩む者にまさる。
7 おしえを守る者は分別のある子、放蕩者と交わる者は、その父に恥ずかしい思いをさせる。
8 利息や高利によって財産をふやす者は、寄るべのない者たちに恵む者のために
それをたくわえる。
9 耳をそむけておしえを聞かない者は、その者の祈りさえ忌みきらわれる。
10 正直な人を悪い道に迷わす者は、自分の掘った穴に陥る。
しかし潔白な人たちはしあわせを継ぐ。
11 富む者は自分を知恵のある者と思い込む。
分別のある貧しい者は、自分を調べる。
12 正しい者が喜ぶときには、大いなる光栄があり、悪者が起き上がるときには、人は身を隠す。
13 自分のそむきの罪を隠す者は成功しない。
それを告白して、それを捨てる者は
あわれみを受ける。
14 幸いなことよ。
いつも主を恐れている人は。
しかし心をかたくなにする人はわざわいに陥る。
15 うなる雄獅子、襲いかかる熊、寄るべのない民を治める悪い支配者。
16 英知を欠く君主は、多くの物を強奪する。
不正な利得を憎む者は、長生きをする。
17 流血の罪に苦しむ者は、墓まで逃げるが、だれも彼をつかまえない。
18 潔白な生活をする者は救われ、曲がった生活をする者は墓穴に陥る。
19 自分の畑を耕す者は食糧に飽き足り、むなしいものを追い求める者は貧しさに飽きる。
20 忠実な人は多くの祝福を得る。
しかし富を得ようとあせる者は罰を免れない。
21 人をかたより見るのは良くない。
人は一切れのパンで、そむく。
22 貪欲な人は財産を得ようとあせり、欠乏が自分に来るのを知らない。
23 人を責める者は、へつらいを言う者より後に、恵みを得る。
24 自分の父母の物を盗んで、「私は罪を犯していない」と言う者は、滅びをもたらす者の仲間である。
25 欲の深い人は争いを引き起こす。
しかし主に拠り頼む人は豊かになる。
26 自分の心にたよる者は愚かな者、知恵をもって歩む者は救われる。
27 貧しい者に施す者は不足することがない。
しかし目をそむける者は多くののろいを受ける。
28 悪者が起こると、人は身を隠し、彼らが滅びると、正しい人がふえる。

29章
1 責められても、なお、うなじのこわい者は、たちまち滅ぼされて、いやされることはない。
2 正しい人がふえると、民は喜び、悪者が治めると、民は嘆く。
3 知恵を愛する人は、その父を喜ばせ、遊女と交わる者は、財産を滅ぼす。
4 王は正義によって国を建てる。
しかし重税を取り立てる者は国を滅ぼす。
5 自分の友人にへつらう者は、自分の足もとに網を張る。
6 悪人はそむきの罪を犯して自分のわなをかける。
しかし正しい人は喜びの声をあげ、楽しむ。
7 正しい人は
寄るべのない者を正しくさばくことを知っている。
しかし悪者はそのような知識をわきまえない。
8 あざける者たちは町を騒がし、知恵のある人々は怒りを静める。
9 知恵のある人が愚か者を訴えて争うと、愚か者は怒り、あざ笑い、休むことがない。
10 血に飢えた者たちは潔白な人を憎み、正直な人のいのちをねらう。
11 愚かな者は怒りをぶちまける。
しかし知恵のある者はそれを内におさめる。
12 支配者が偽りのことばに聞き入るなら、従者たちもみな悪者になる。
13 貧しい者としいたげる者とは互いに出会う。
主は、この両者に日の光を見させる。
14 誠実をもって寄るべのない者をさばく王、その王座はとこしえまでも堅く立つ。
15 むちと叱責とは知恵を与える。
わがままにさせた子は、母に恥を見させる。
16 悪者がふえると、そむきの罪も増す。
しかし正しい者は彼らの滅びを見る。
17 あなたの子を懲らせ。
そうすれば、彼はあなたを安らかにし、あなたの心に喜びを与える。
18 幻がなければ、民はほしいままにふるまう。
しかし律法を守る者は幸いである。
19 しもべをことばだけで戒めることはできない。
彼はそれがわかっても、反応がない。
20 軽率に話をする人を見ただろう。
彼よりも愚かな者のほうが、まだ望みがある。
21 自分のしもべを幼い時から甘やかすと、ついには彼は手におえない者になる。
22 怒る者は争いを引き起こし、憤る者は多くのそむきの罪を犯す。
23 人の高ぶりはその人を低くし、心の低い人は誉れをつかむ。
24 盗人にくみする者は自分自身を憎む者だ。
彼はのろいを聞いても何も言わない。
25 人を恐れるとわなにかかる。
しかし主に信頼する者は守られる。
26 支配者の顔色をうかがう者は多い。
しかし人をさばくのは主である。
27 不正な人は正しい人に忌みきらわれ、行いの正しい人は悪者に忌みきらわれる。

30章
1 マサの人ヤケの子アグルのことば。イティエルに告げ、イティエルとウカルに告げたことば。

2 確かに、私は人間の中でも最も愚かで、私には人間の悟りがない。
3 私はまだ知恵も学ばず、聖なる方の知識も知らない。
4 だれが天に上り、また降りて来ただろうか。
だれが風をたなごころに集めただろうか。
だれが水を衣のうちに包んだだろうか。
だれが地のすべての限界を堅く定めただろうか。
その名は何か、その子の名は何か。
あなたは確かに知っている。

5 神のことばは、すべて純粋。
神は拠り頼む者の盾。
6 神のことばにつけ足しをしてはならない。
神が、あなたを責めないように、あなたがまやかし者とされないように。

7 二つのことをあなたにお願いします。
私が死なないうちに、それをかなえてください。
8 不信実と偽りとを私から遠ざけてください。
貧しさも富も私に与えず、ただ、私に定められた分の食物で
私を養ってください。
9 私が食べ飽きて、あなたを否み、「主とはだれだ」と言わないために。
また、私が貧しくて、盗みをし、私の神の御名を汚すことのないために。

10 しもべのことを、その主人に中傷してはならない。
そうでないと、彼はあなたをのろい、あなたは罰せられる。

11 自分の父をのろい、自分の母を祝福しない世代。
12 自分をきよいと見、汚れを洗わない世代。
13 なんとも、その目が高く、まぶたが上がっている世代。
14 歯が剣のようで、きばが刀のような世代。
彼らは地の苦しむ者を、人のうちの貧しい者を
食い尽くす。

15 蛭にはふたりの娘がいて、「くれろ、くれろ」と言う。
飽くことを知らないものが、三つある。
いや、四つあって、「もう十分だ」と言わない。
16 よみと、不妊の胎、水に飽くことを知らない地と、「もう十分だ」と言わない火。

17 自分の父をあざけり、母への従順をさげすむ目は、谷の烏にえぐりとられ、鷲の子に食われる。

18 私にとって不思議なことが三つある。
いや、四つあって、私はそれを知らない。
19 天にある鷲の道、岩の上にある蛇の道、海の真ん中にある舟の道、おとめへの男の道。
20 姦通する女の道もそのとおり。
彼女は食べて口をぬぐい、「私は不法を行わなかった」と言う。

21 この地は三つのことによって震える。
いや、四つのことによって耐えられない。
22 奴隷が王となり、しれ者がパンに飽き、
23 きらわれた女が夫を得、女奴隷が女主人の代わりとなることによって。

24 この地上には小さいものが四つある。
しかし、それは知恵者中の知恵者だ。
25 蟻は力のない種族だが、夏のうちに食糧を確保する。
26 岩だぬきは強くない種族だが、その巣を岩間に設ける。
27 いなごには王はないが、みな隊を組んで出て行く。
28 やもりは手でつかまえることができるが、王の宮殿にいる。

29 歩きぶりの堂々としているものが三つある。
いや、その歩みの堂々としているものが四つある。
30 獣のうちで最も強く、何ものからも退かない雄獅子、
31 いばって歩くおんどりと、雄やぎ、軍隊を率いる王である。

32 もし、あなたが高ぶって、愚かなことをしたり、たくらんだりしたら、手を口に当てよ。
33 乳をかき回すと凝乳ができる。
鼻をねじると血が出る。
怒りをかき回すと争いが起こる。

31章
1 マサの王レムエルが母から受けた戒めのことば。
2 私の子よ、何を言おうか。
私の胎の子よ、何を言おうか。
私の誓願の子よ、何を言おうか。
3 あなたの力を女に費やすな。
あなたの生き方を
王たちを消し去る者にゆだねるな。
4 レムエルよ。
酒を飲むことは王のすることではない。
王のすることではない。
「強い酒はどこだ」とは、君子の言うことではない。
5 酒を飲んで勅令を忘れ、すべて悩む者のさばきを曲げるといけないから。
6 強い酒は滅びようとしている者に与え、ぶどう酒は心の痛んでいる者に与えよ。
7 彼はそれを飲んで自分の貧しさを忘れ、自分の苦しみをもう思い出さないだろう。
8 あなたは口のきけない者のために、また、すべての不幸な人の訴えのために、口を開け。
9 口を開いて、正しくさばき、悩んでいる人や貧しい者の権利を守れ。

10 しっかりした妻をだれが見つけることができよう。
彼女の値うちは真珠よりもはるかに尊い。
11 夫の心は彼女を信頼し、彼は「収益」に欠けることがない。
12 彼女は生きながらえている間、夫に良いことをし、悪いことをしない。
13 彼女は羊毛や亜麻を手に入れ、喜んで自分の手でそれを仕上げる。
14 彼女は商人の舟のように、遠い所から食糧を運んで来る。
15 彼女は夜明け前に起き、家の者に食事を整え、召使いの女たちに用事を言いつける。
16 彼女は畑をよく調べて、それを手に入れ、自分がかせいで、ぶどう畑を作り、
17 腰に帯を強く引き締め、勇ましく腕をふるう。
18 彼女は収入がよいのを味わい、そのともしびは夜になっても消えない。
19 彼女は糸取り棒に手を差し伸べ、手に糸巻きをつかむ。
20 彼女は悩んでいる人に手を差し出し、貧しい者に手を差し伸べる。
21 彼女は家の者のために雪を恐れない。
家の者はみな、あわせの着物を着ているからだ。
22 彼女は自分のための敷き物を作り、彼女の着物は亜麻布と紫色の撚り糸でできている。
23 夫は町囲みのうちで人々によく知られ、土地の長老たちとともに座に着く。
24 彼女は亜麻布の着物を作って、売り、帯を作って、商人に渡す。
25 彼女は力と気品を身につけ、ほほえみながら後の日を待つ。
26 彼女は口を開いて知恵深く語り、その舌には恵みのおしえがある。
27 彼女は家族の様子をよく見張り、怠惰のパンを食べない。
28 その子たちは立ち上がって、彼女を幸いな者と言い、夫も彼女をほめたたえて言う。
29 「しっかりしたことをする女は多いけれど、あなたはそのすべてにまさっている」と。
30 麗しさはいつわり。
美しさはむなしい。
しかし、主を恐れる女はほめたたえられる。
31 彼女の手でかせいだ実を彼女に与え、彼女のしたことを町囲みのうちでほめたたえよ。