雅歌

1章
1 ソロモンの雅歌
2 あの方が私に
口づけしてくださったらよいのに。
あなたの愛はぶどう酒よりも快く、
3 あなたの香油のかおりはかぐわしく、あなたの名はそそがれる香油のよう。
それで、おとめらはあなたを愛しています。

4 私を引き寄せてください。
私たちはあなたのあとから急いでまいります。
王は私を奥の間に連れて行かれました。
私たちはあなたによって楽しみ喜び、あなたの愛をぶどう酒にまさってほめたたえ、真心からあなたを愛しています。

5 エルサレムの娘たち。
私はケダルの天幕のように、ソロモンの幕のように、黒いけれども美しい。
6 私をご覧にならないでください。
私は日に焼けて、黒いのです。
私の母の子らが私に向かっていきりたち、私をぶどう畑の見張りに立てたのです。
しかし、私は自分のぶどう畑は
見張りませんでした。
7 私の愛している人。どうか教えてください。
どこで羊を飼い、昼の間は、どこでそれを休ませるのですか。
あなたの仲間の群れのかたわらで、私はなぜ、顔おおいをつけた女のようにしていなければ
ならないのでしょう。

8 女のなかで最も美しい人よ。
あなたがこれを知らないのなら、羊の群れの足跡について行き、羊飼いの住まいのかたわらで、あなたの子やぎを飼いなさい。

9 わが愛する者よ。私はあなたを
パロの戦車の雌馬になぞらえよう。
10 あなたの頬には飾り輪がつき、首には宝石をちりばめた
首飾りがつけてあって、美しい。
11 私たちは銀をちりばめた金の飾り輪を
あなたのために作ろう。

12 王がうたげの座に着いておられる間、私のナルドはかおりを放ちました。
13 私の愛する方は、私にとっては、この乳房の間に宿る没薬の袋のようです。
14 私の愛する方は、私にとっては、エン・ゲディのぶどう畑にある
ヘンナ樹の花ぶさのようです。

15 ああ、わが愛する者。
あなたはなんと美しいことよ。
なんと美しいことよ。あなたの目は鳩のようだ。

16 私の愛する方。
あなたはなんと美しく、慕わしい方でしょう。
私たちの長いいすは青々としています。
17 私たちの家の梁は杉の木、そのたるきは糸杉です。

2章
1 私はシャロンのサフラン、谷のゆりの花。

2 わが愛する者が娘たちの間にいるのは、いばらの中のゆりの花のようだ。

3 私の愛する方が
若者たちの間におられるのは、林の木の中のりんごの木のようです。
私はその陰にすわりたいと切に望みました。
その実は私の口に甘いのです。
4 あの方は私を酒宴の席に伴われました。
私の上に翻るあの方の旗じるしは愛でした。
5 干しぶどうの菓子で私を力づけ、りんごで私を元気づけてください。
私は愛に病んでいるのです。
6 ああ、あの方の左の腕が私の頭の下にあり、右の手が私を抱いてくださるとよいのに。

7 エルサレムの娘たち。
私は、かもしかや野の雌鹿をさして、あなたがたに誓っていただきます。
揺り起こしたり、かき立てたりしないでください。
愛が目ざめたいと思うときまでは。

8 愛する方の声。
ご覧、あの方が来られます。
山々をとび越え、丘々の上をはねて。
9 私の愛する方は、かもしかや若い鹿のようです。
ご覧、あの方は私たちの壁のうしろに
じっと立ち、窓からのぞき、格子越しにうかがっています。
10 私の愛する方は、私に語りかけて言われます。
「わが愛する者、美しいひとよ。
さあ、立って、出ておいで。
11 ほら、冬は過ぎ去り、大雨も通り過ぎて行った。
12 地には花が咲き乱れ、歌の季節がやって来た。
山鳩の声が、私たちの国に聞こえる。
13 いちじくの木は実をならせ、ぶどうの木は、花をつけてかおりを放つ。
わが愛する者、美しいひとよ。
さあ、立って、出ておいで。
14 岩の裂け目、がけの隠れ場にいる私の鳩よ。
私に、顔を見せておくれ。
あなたの声を聞かせておくれ。
あなたの声は愛らしく、あなたの顔は美しい。
15 『私たちのために、ぶどう畑を荒らす狐や小狐を捕らえておくれ。』
私たちのぶどう畑は花盛りだから。」

16 私の愛する方は私のもの。
私はあの方のもの。
あの方はゆりの花の間で群れを飼っています。
17 私の愛する方よ。
そよ風が吹き始め、影が消え去るころまでに、あなたは帰って来て、険しい山々の上のかもしかや、若い鹿のようになってください。

3章
1 私は、夜、床についても、私の愛している人を捜していました。
私が捜しても、あの方は見あたりませんでした。
2 「さあ、起きて町を行き巡り、通りや広場で、私の愛している人を捜して来よう。」
私が捜しても、あの方は見あたりませんでした。
3 町を行き巡る夜回りたちが私を見つけました。
「私の愛している人を、あなたがたはお見かけになりませんでしたか。」
4 彼らのところを通り過ぎると間もなく、私の愛している人を私は見つけました。
この方をしっかりつかまえて、放さず、とうとう、私の母の家に、私をみごもった人の奥の間に、お連れしました。

5 エルサレムの娘たち。
私は、かもしかや野の雌鹿をさして、あなたがたに誓っていただきます。
揺り起こしたり、かき立てたりしないでください。
愛が目ざめたいと思うときまでは。

6 没薬や乳香、貿易商人のあらゆる香料の粉末をくゆらして、煙の柱のように荒野から上って来るひとはだれ。
7 見なさい。あれはソロモンの乗るみこし。
その回りには、イスラエルの勇士、六十人の勇士がいる。
8 彼らはみな剣を帯びている練達の戦士たち。
夜襲に備えて、おのおの腰に剣を帯びている。
9 ソロモン王は、レバノンの木で
自分のためにみこしを作った。
10 その支柱は銀、背は金、その座席は紫色の布で作った。
その内側はエルサレムの娘たちによって
美しく切りばめ細工がされている。
11 シオンの娘たち。ソロモン王を見に出かけなさい。
ご自分の婚礼の日、心の喜びの日のために、母上からかぶらせてもらった冠をかぶっている。

4章
1 ああ、わが愛する者。
あなたはなんと美しいことよ。
なんと美しいことよ。
あなたの目は、顔おおいのうしろで鳩のようだ。
あなたの髪は、ギルアデの山から降りて来る
やぎの群れのよう、
2 あなたの歯は、洗い場から上って来て
毛を刈られる雌羊の群れのようだ。
それはみな、ふたごを産み、ふたごを産まないものは一頭もいない。
3 あなたのくちびるは紅の糸。
あなたの口は愛らしい。
あなたの頬は、顔おおいのうしろにあって、ざくろの片割れのようだ。
4 あなたの首は、兵器庫のために建てられた
ダビデのやぐらのようだ。
その上には千の盾が掛けられていて、みな勇士の丸い小盾だ。
5 あなたの二つの乳房は、ゆりの花の間で草を食べているふたごのかもしか、二頭の子鹿のようだ。
6 そよ風が吹き始め、影が消え去るころまでに、私は没薬の山、乳香の丘に行こう。
7 わが愛する者よ。あなたのすべては美しく、あなたには何の汚れもない。
8 花嫁よ。私といっしょにレバノンから、私といっしょにレバノンから来なさい。
アマナの頂から、セニル、すなわちヘルモンの頂から、獅子のほら穴、ひょうの山から降りて来なさい。
9 私の妹、花嫁よ。
あなたは私の心を奪った。
あなたのただ一度のまなざしと、あなたの首飾りのただ一つの宝石で、私の心を奪ってしまった。
10 私の妹、花嫁よ。
あなたの愛は、なんと麗しいことよ。
あなたの愛は、ぶどう酒よりもはるかにまさり、あなたの香油のかおりは、すべての香料にもまさっている。
11 花嫁よ。あなたのくちびるは蜂蜜をしたたらせ、あなたの舌の裏には蜜と乳がある。
あなたの着物のかおりは、レバノンのかおりのようだ。
12 私の妹、花嫁は、閉じられた庭、閉じられた源、封じられた泉。
13 あなたの産み出すものは、最上の実をみのらすざくろの園、ヘンナ樹にナルド、
14 ナルド、サフラン、菖蒲、肉桂に、乳香の取れるすべての木、没薬、アロエに、香料の最上のものすべて、
15 庭の泉、湧き水の井戸、レバノンからの流れ。

16 北風よ、起きよ。南風よ、吹け。
私の庭に吹き、そのかおりを漂わせておくれ。
私の愛する方が庭に入り、その最上の実を食べることができるように。

5章
1 私の妹、花嫁よ。
私は、私の庭に入り、没薬と香料を集め、蜂の巣と蜂蜜を食べ、ぶどう酒と乳を飲む。

友よ、食べよ。
飲め。愛する人たちよ。大いに飲め。

2 私は眠っていましたが、心はさめていました。
戸をたたいている愛する方の声。
「わが妹、わが愛する者よ。
戸をあけておくれ。
私の鳩よ。汚れのないものよ。
私の頭は露にぬれ、髪の毛も夜のしずくでぬれている。」
3 私は着物を脱いでしまった。
どうしてまた、着られましょう。
足も洗ってしまった。
どうしてまた、よごせましょう。
4 私の愛する方が戸の穴から手を差し入れました。
私の心は、あの方のために立ち騒ぎました。
5 私は起きて、私の愛する方のために戸をあけました。
私の手から没薬が、私の指から没薬の液が、かんぬきの取っ手の上にしたたりました。
6 私が、愛する方のために戸をあけると、愛する方は、背を向けて去って行きました。
あの方のことばで、私は気を失いました。
私が捜しても、あの方は見あたりませんでした。
私が呼んでも、答えはありませんでした。
7 町を行き巡る夜回りたちが私を見つけました。
彼らは私を打ち、傷つけました。
城壁を守る者たちも、私のかぶり物をはぎ取りました。
8 エルサレムの娘たち。誓ってください。
あなたがたが私の愛する方を見つけたら、あの方に何と言ってくださるでしょう。
私が愛に病んでいる、と言ってください。

9 女のなかで最も美しい人よ。
あなたの愛する方は、ほかの愛人より
何がすぐれているのですか。
あなたがそのように私たちに切に願うとは。
あなたの愛する方は、ほかの愛人より
何がすぐれているのですか。

10 私の愛する方は、輝いて、赤く、万人よりすぐれ、
11 その頭は純金です。
髪の毛はなつめやしの枝で、烏のように黒く、
12 その目は、乳で洗われ、池のほとりで休み、水の流れのほとりにいる鳩のようです。
13 その頬は、良いかおりを放つ香料の花壇のよう。
くちびるは没薬の液をしたたらせるゆりの花。
14 その腕は、タルシシュの宝石をはめ込んだ
金の棒。
からだは、サファイヤでおおった象牙の細工。
15 その足は、純金の台座に据えられた大理石の柱。
その姿はレバノンのよう。杉のようにすばらしい。
16 そのことばは甘いぶどう酒。
あの方のすべてがいとしい。
エルサレムの娘たち。
これが私の愛する方、これが私の連れ合いです。

6章
1 女のなかで最も美しい人よ。
あなたの愛する方は、どこへ行かれたのでしょう。
あなたの愛する方は、どこへ向かわれたのでしょう。
私たちも、あなたといっしょに捜しましょう。

2 私の愛する方は、自分の庭、香料の花壇へ下って行かれました。
庭の中で群れを飼い、ゆりの花を集めるために。
3 私は、私の愛する方のもの。
私の愛する方は私のもの。
あの方はゆりの花の間で群れを飼っています。

4 わが愛する者よ。
あなたはティルツァのように美しく、エルサレムのように愛らしい。
だが、旗を掲げた軍勢のように恐ろしい。
5 あなたの目を私からそらしておくれ。
それが私をひきつける。
あなたの髪は、ギルアデから降りて来る
やぎの群れのよう、
6 あなたの歯は、洗い場から上って来た
雌羊の群れのようだ。
それはみな、ふたごを産み、ふたごを産まないものは一頭もいない。
7 あなたの頬は、顔おおいのうしろにあって、ざくろの片割れのようだ。
8 王妃は六十人、そばめは八十人、おとめたちは数知れない。
9 汚れのないもの、私の鳩はただひとり。
彼女は、その母のひとり子、彼女を産んだ者の愛する子。
娘たちは彼女を見て、幸いだと言い、王妃たち、そばめたちも彼女をほめた。
10 「暁の光のように見おろしている、月のように美しい、太陽のように明るい、旗を掲げた軍勢のように恐ろしいもの。
それはだれか。」

11 私はくるみの木の庭へ下って行きました。
谷の新緑を見るために。
ぶどうの木が芽を出したか、ざくろの花が咲いたかを見るために。
12 私自身が知らないうちに、私は民の高貴な人の車に乗せられていました。

13 帰れ。帰れ。シュラムの女よ。
帰れ。帰れ。私たちはあなたを見たい。

どうしてあなたがたはシュラムの女を見るのです。
二つの陣営の舞のように。

7章
1 高貴な人の娘よ。
サンダルの中のあなたの足はなんと美しいことよ。
あなたの丸みを帯びたももは、名人の手で作られた飾りのようだ。
2 あなたのほぞは、混ぜ合わせたぶどう酒の
尽きることのない丸い杯。
あなたの腹は、ゆりの花で囲まれた小麦の山。
3 あなたの二つの乳房は、ふたごのかもしか、二頭の子鹿。
4 あなたの首は、象牙のやぐらのようだ。
あなたの目は、バテ・ラビムの門のほとり、ヘシュボンの池。
あなたの鼻は、ダマスコのほうを見張っている
レバノンのやぐらのようだ。
5 あなたの頭はカルメル山のようにそびえ、あなたの乱れた髪は紫色。
王はそのふさふさした髪のとりこになった。

6 ああ、慰めに満ちた愛よ。
あなたはなんと美しく、快いことよ。
7 あなたの背たけはなつめやしの木のよう、あなたの乳房はぶどうのふさのようだ。
8 私は言った。
「なつめやしの木に登り、その枝をつかみたい。
あなたの乳房はぶどうのふさのように、あなたの息はりんごのかおりのようであれ。
9 あなたのことばは、良いぶどう酒のようだ。
私の愛に対して、なめらかに流れる。
眠っている者のくちびるを流れる。」

10 私は、私の愛する方のもの。
あの方は私を恋い慕う。
11 さあ、私の愛する方よ。野に出て行って、ヘンナ樹の花の中で夜を過ごしましょう。
12 私たちは朝早くからぶどう畑に行き、ぶどうの木が芽を出したか、花が咲いたか、ざくろの花が咲いたかどうかを見て、そこで私の愛をあなたにささげましょう。
13 恋なすびは、かおりを放ち、私たちの門のそばには、新しいのも、古いのも、すべて、最上の物があります。
私の愛する方よ。
これはあなたのためにたくわえたものです。

8章
1 ああ、もし、あなたが私の母の乳房を吸った
私の兄弟のようであったなら、私が外であなたに出会い、あなたに口づけしても、だれも私をさげすまないでしょうに。
2 私はあなたを導き、私を育てた私の母の家にお連れして、香料を混ぜたぶどう酒、ざくろの果汁を
あなたに飲ませてあげましょう。
3 ああ、あの方の左の腕が私の頭の下にあり、右の手が私を抱いてくださるとよいのに。
4 エルサレムの娘たち。
私はあなたがたに誓っていただきます。
揺り起こしたり、かき立てたりしないでください。
愛が目ざめたいと思うときまでは。

5 自分の愛する者に寄りかかって、荒野から上って来るひとはだれでしょう。

私はりんごの木の下で
あなたの目をさまさせた。
そこはあなたの母があなたのために
産みの苦しみをした所。
そこはあなたを産んだ者が
産みの苦しみをした所。

6 私を封印のようにあなたの心臓の上に、封印のようにあなたの腕につけてください。
愛は死のように強く、ねたみはよみのように激しいからです。
その炎は火の炎、すさまじい炎です。
7 大水もその愛を消すことができません。
洪水も押し流すことができません。
もし、人が愛を得ようとして、自分の財産をことごとく与えても、ただのさげすみしか得られません。

8 私たちの妹は若く、乳房もない。
私たちの妹に縁談のある日には、彼女のために何をしてあげよう。
9 もし、彼女が城壁だったら、その上に銀の胸壁を建てよう。
彼女が戸であったら、杉の板で囲もう。

10 私は城壁、私の乳房はやぐらのよう。
それで、私はあの方の目には
平安をもたらす者のようになりました。

11 ソロモンにはバアル・ハモンにぶどう畑があった。
彼はぶどう畑を、守る者に任せ、おのおのその収穫によって
銀千枚を納めることになっていた。
12 私が持っているぶどう畑が私の前にある。
ソロモンよ。あなたには銀千枚、その実を守る者には銀二百枚。
13 庭の中に住む仲間たちは、あなたの声に耳を傾けている。
私にそれを聞かせよ。

14 私の愛する方よ。急いでください。
香料の山々の上のかもしかや、若い鹿のようになってください。