聖書とは

「私の仕えているイスラエルの神、主は生きておられる」(列王記第一 17章1節)。エリヤ物語の初めに見られるこの言葉は、聖書の全内容を表している。

聖書は、神と人間との歴史における出会いの物語である。この体験物語は、東地中海の諸国を舞台に、アブラハムとその子孫を中心に展開し、千有余年に及ぶ。唯一神への信仰は、紀元一世紀の終わりには、東地中海のあらゆる国に向けられ、多くの民族に、ついに全世界に伝えられることになる。
必要に応じて、ヘブライ語、アラム語、ギリシア語の三か国語で記されている聖書は、この神体験の集大成である。キリスト教では、これらの文書は旧約聖書と新約聖書の二つにまとめられている。

旧約聖書は、アブラハムの子孫であるイスラエル民族と神との関係を述べている。神は、この民をエジプトでの奴隷状態から解放し、シナイ山で契約を結び、約束の地カナンを与え、さらにその後の歴史の歩みによって自らを知らせる。そこには、神による救いの体験に基づいて、未来の決定的救い主を待望させる数々の劇的な物語も織り込まれている。来るべき救い主はメシアと呼ばれ、新約時代になると、ユダヤ人以外の人々も、イエスを約束の救い主と信じ、メシアのギリシア語訳である「キリスト」の称号をこのイエスに付けることになる。初期キリスト者は、いち早く、イエスこそ、その言葉、行為、死去、復活を通して、神がその民に与えた約束を実現したこと、そして、旧約の預言者エレミヤが告げた新しい契約(エレミヤ書 31章31-34節)を完成したことを確信する。

新約の使徒の一人であるパウロは、「コリント人への手紙第二」(3章14節)で、イスラエルの指導者モーセを通して結ばれたシナイ山の契約に言及するとき、これを古い契約と呼んでいる。以来キリスト者は、この契約を中心として書かれた諸書を「旧約聖書」、イエスによる新しい契約を中心として書かれた諸書を「新約聖書」と呼んでいる。新約は旧約に取って替わったとはいえ、新約を理解するためには旧約を知ることがぜひ必要であり、両者は同一の神について語る連続の書である。

聖書の神は、その第一ページから、言葉で働く神であり、人間に働きかける。神はアブラハムに話し、アブラハムは行動に移る。モーセは神の言葉を聞いてエジプトからの脱出を敢行する。イザヤとエレミヤは神の言葉を民に語る。「ヨハネの福音書」は、イエスを神の言葉と呼んでおり(ヨハネの福音書 1章1節)、事実、イエスには、神が人間に伝えようとすることが余すところなく集められている。聖書の著者はすべて、その名前が知られていると否とにかかわらず、共通して神の言葉の証人であり、彼らのおかげで、今日もこの言葉はわたしたちの生き方を照らし、教え、導き、人々に新しい救いを与える。


「本」という名の本
「バイブル」とは元来「本」を意味することば(ギリシャ語ビブロス)からきています。「本の中の本」という名前の本なのです。「聖書」と呼ばれている、「本」という名前しか持ってない本!それだけでも、ぜひとも読むねうちのある本なのです。

聖書の構造
聖書は、旧約と新約の二部から成り、これは小説でたとえれば前篇・後篇の関係になります。旧約はキリスト以前(紀元前)の時代をあつかい、新約はキリスト時代(紀元1世紀)を背景としているからですが、同一著者が書いたわけでもないのに、内容的に深いつながりがあるのは不思議です。

しかも、さらに、旧約は39巻、新約は27巻にわかれ、数十人の著者によって書かれた66巻の各書から成り立っています。
もう少しこまかい区分をしてみますと、次のようになります。

(旧約)
律法 5巻
歴史 12巻
詩歌 5巻
預言 17巻 計39巻

(新約)
福音 4巻
歴史 1巻
書簡 21巻
預言 1巻 計27巻

お気づきのように、旧約と新約はある共通した構造を持っています。まず最初に、全体の基礎となることがら(律法、福音)がしるされ、そのあとにそれの展開(『歴史』以下の各巻)が続きます。

聖書の生い立ち
今からおよそ3~4000年前頃から、聖書のごく初期の書巻がイスラエル民族のあいだに生まれ始めました。

それらの書物はやがて、聖なるものとして人々の尊重するところとなり、しだいにその数もふえ、紀元1世紀頃までには旧約39巻がひとまとまりとなって『聖書』と呼ばれるようになりました。

新約27巻はそのほとんどすべてが紀元1世紀に書かれ、ひとまとまりとなって『新約聖書』と呼ばれるようになったのは、2~3世紀後です。